【2020年秋、ドイツ車トップ10!】「第5位・ポルシェ718スパイダー」究極のドライビングプレジャーがここに

2020/10/25 09:00

ポルシェ718シリーズの頂点として設定された718スパイダーは、簡易型のソフトトップを備えたオープンボディが別物感を放つアピールポイントだ。さらに、注目なのは新開発の4L水平対向6気筒自然吸気エンジンの快感だ。

いましか味わえない希少なモデル

EVが猛威を振るう自動車業界にあって、これほど潔く本質的なクルマの魅力を秘めているモデルは希少な存在である。

PORSCHE 718 SPYDER

デザインの強いこだわりを感じさせるルーフの処理は見るものをハッとさせるほど美しい。ケイマンをベースとするコンバクとボディのルーフを剥ぎ取り、ちょこんと小さなキャンバストップを載せている。それを開け放せば、爽快なオープンクルーズが可能だ。
だが、その中身は、FIA規定のGT4に由来するコンペティション魂が注がれているというのだから腰を抜かしかける。搭載されるエンジンが最高出力420ps、最大トルク420Nmを発揮する4Lの水平対向6気筒であることにも驚かされるが、それがケイマンGT4と共通だというのだから、その理由がわからない。
爽快なドライブを堪能するためだったら、ボクスターの2L水平対向4気筒ターボがある。それを搭載しても、立派に走れるオープンカーは成立する。だというのに、コンペティションの香りが鼻をつく最強パワーユニットを押し込んでいるのだ。
内燃機関の魅力を存分に味わいながら、レース屋に端を発するポルシェの魂がギュウギュウに詰め込まれた、こんな強烈にアンバランスな魅力的なモデル、いましか味わえないかもしれない。

木下隆之/T.Kinoshita

フォト=郡 大二郎/D.Kori ルボラン2020年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!