【嶋田智之の月刊イタフラ】プジョー208とe208、日本上陸!

嶋田智之
AUTHOR
2020/08/07 09:00

待ってた人も多いのでは?

新型プジョー208シリーズが、いよいよ日本国内でも発表になりました。しかもガソリンエンジンの208とピュアEVのe-208の同時発表。シリーズとしてまったく同じ扱いで発表です。

新型208の力強く印象的なスタイリングは以前から注目を浴びてたし、最新の“3D iコクピット”を採用したインテリアにも興味津々。クルマ全体の質感も、だいぶ高そうな感じです。

定評あるパワートレインは、ガソリン仕様の208に、個人的にも抜群に優秀だと確信してる3気筒1.2ターボ。e-208には、100kWと260Nmのモーターに50kWhのバッテリーを搭載。航続距離はWLTPで340km。充電は標準搭載の3kW/15A/200Vケーブルでは約18時間、6kW/200Vのいわゆるウォールボックス型充電器なら約9時間で満充電、CHAdeMOでは約50分で80%充電が可能だそうです。Bセグの基本的な使い方からすれば、実用的といえるでしょう。価格は208が239.9〜293.0万円、e-208は389.9〜423.0万円です。

ルボラン2020年9月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!