マツダ初の量産EV「MX-30」が今秋に国内導入!

相澤隆之
AUTHOR
2020/07/31 08:00

EVモデルに加え、マイルドハイブリッドモデルも追加発表

マツダは、幕張メッセで開催されている「オートモビルカウンシル」の会場にて、同社の新世代商品群の第3弾であるコンパクトSUV「MX-30(エムエックスサーティー)」を展示、今秋に日本国内に導入することを発表した。

「MX-30」は、昨年の東京モーターショー2019で、マツダ初の量産EVとしてワールドプレミアしたモデル。今回はハイブリッドモデルも追加導入することがアナウンスされた。新たにラインアップに追加されたのは、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID(エムハイブリッド)」を組み合わせた「e-SKYACTIV G(イー・スカイアクティブ・ジー)」を搭載。

これにより、静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現しているという。また、EVモデルについては、今年度中にリース販売を開始する予定だ。

ラウンドしたスタイリッシュなフォルムが印象的なMX-30は、以前RX-8でも用いられたセンターピラーレスの観音開きタイプの「フリースタイルドア」を採用。キャビンにはトリム等にリサイクル素材を使うことで、環境にも配慮しているのが特徴のひとつとなっている。

 

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!