【比較試乗】「メルセデス・ベンツCLA vs BMW 2シリーズ・グランクーペ」コンパクト4ドアクーペを選ぶ価値とは?

AUTHOR
2020/07/23 13:00

2代目へと進化して走りもルックスも格段にアップデートされたメルセデス・ベンツCLA。一方のブランニューとなる2シリーズ・グランクーペは、 FWD化された最新の1シリーズがベース。ここでは、コンパクトな4ドアクーペを選ぶ価値はどこにあるのかを、そのスポーツ性と個性から探ってみたい。

CLAは見た目に相応しい高級感をしっかり演出

コンパクトセグメントにおいて伸びやかなシルエットと4ドアの実用性をいち早く手に入れたメルセデスCLA。これにようやくBMWも、1シリーズのFWD化をもって追従し、このたび2シリーズ ・ グランクーペを登場させた。

BMW M235i xDrive GRAN COUPE

ちなみにこのジャンルはホットな市場のようで、アウディもA3セダンをクーペライクなデザインで再出発。その理由は主に巨大市場の中国での人気だろうが、雨後の竹の子状態であるコンパクトSUVでは満足しきれないスタイリッシュ派にとってもこの“お洒落セダン”は、実用性と適度なニッチさの両面で満足させてくれる貴重な存在になっているのだと思う。

BMW M235i xDrive GRAN COUPE

ということで今回は新登場した2シリーズグランクーペのホットモデル「M235i xDrive」 を、このジャンルの先輩であるメルセデスが「CLA2504MATIC」で迎え撃つ。相手がMバッジを付けるなら本来はAMG「A35」を用意するのが筋だが、今回は状況が許さなかった。とはいえこの比較が様々な考察を示す結果となったので、まずは読み進めてみて欲しい。

BMW M235i xDrive GRAN COUPE/M235iは最高出力306ps/最大トルク450Nmを発揮する2L直4エンジンを搭載。トランスミッションは8速ATを組み合わせる。

CLAを走らせてまず感心するのは、コンパクトセグメントながらもその見た目に相応しい高級感をしっかり演出できていることだ。

MERCEDES-BENZ CLA250 4MATIC

上級セグメントと同等のツインディスプレイと、タービンシェイプの空調アウトレットを軸としたアバンギャルドなインパネ。この近未来的なキャビンを即座にアダプトできるACCで街中からアクセルいらずに走らせるだけで、モビリティにハードではなくソフトの時代が来たと意識させられる。これでMBUXが勝手にしゃべりだしたら、未来のクルマだ。自動運転よりもAIコミュニケーションを先に進化させた方がスマホ世代にはウケると思うし、そんなSF的カッコ良さにCLAのクールさは高い親和性を見せると感じた。

MERCEDES-BENZ CLA250 4MATIC

もちろんこうしたインフォテインメントやACC機能はBMWも有しているが、内装の質感やデザインの洗練はメルセデスが大きくこれを引き離している。

2L直4直噴ターボは6000rpmオーバーの高回転域までストレスなく回るうえ、実用域でのトルクもしっかり備わっている。

MERCEDES-BENZ CLA250 4MATIC

肝心な乗り味はスポーティグレードとスポーツグレードの違いがハッキリ別れる。CLA250の美点は18インチの扁平タイヤを履きながらも乗り心地を崩さない配慮で、フロントサスのダンピング剛性はソフト目。対してリアサスをどっしりさせることで動きを落ち着けている。結果としてステア応答性は鈍くなるが、まったりと路面をつかむハンドリングは飛ばすほどに奥深さを増し、粘り気のある電動パワステと共に、路面状況をドライバーに知らせてくれる。

その時代の流れを読み先導するのは変わらずメルセデスだ。

フォト=郡 大二郎/D.Kori ルボラン2020年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!