【スクープ】メルセデス・ベンツの本格EV第3弾! これが「EQA」プロトの最終仕様!

2020/07/13 11:00

「EQA」のEVパワートレインは3タイプのパワースペックを使い分ける?

開発も終盤を迎えているメルセデス・ベンツの新型のコンパクトEV、「EQA」の市販型プロトタイプがこれまでで最もカモフラージュが軽い状態でカメラにキャッチされた。

このEQAは、基本的に新型「GLA」のEVバージョン。プロトタイプの外観は、これまで隠されていたサイドパネルのカモフラージュが剥がされ、GLAに似たサイズと形状が確認できる。おそらくフロントエンドとリアエンドのみ、「EQ」ファミリーのデザインが採用されているはずだ。

2017年のフランクフルト・ショーで初公開された「コンセプトEQA」は3ドアハッチバックだったが、市販型では車高が約100mmアップされ、GLAと同じ5ドアSUVとして発売される。これにより、室内はヘッドルームとレッグルームが実用的な広さに。SUVらしいユーティリティが実現される。なお、プラットフォームは兄貴分の「EQC」と同じく「MAF II」を採用する。

注目のEVパワートレインは、最高出力が201hp、268hp、335hpという3スペックの電気モーターがラインアップ。これに組み合わせるバッテリーパックは、総電力量60〜110kWhのユニットからセレクトが可能だという。また、電動4輪駆動システムはEQCよりアップデートされたものがオプション設定される可能性もあるようだ。

運転支援関連の装備は、当然ながら最新レベル。インフォテインメント関連では、これも当然ながら最新の「MBUX」が組み合わされる。そのワールドプレミアは今秋の予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で遅れが生じている模様。とはいえ、2020年内にデビューすることは間違いない。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!