電動化社会に向け着々! ボルボがブロックチェーン技術企業への投資を拡大

H.Tanaka
AUTHOR
2020/07/10 16:00

EVのバッテリーパックに使用される素材のトレーサビリティが向上!

ボルボ・カーズは、ベンチャーキャピタル投資部門のボルボ・カーズ・テック・ファンドを通じて、ブロックチェーン技術企業のサーキュラー社に投資した。

ボルボ・カーズとサーキュラーはここ数年、電気自動車のバッテリーに使用されるコバルトのトレーサビリティを高めるためのブロックチェーン技術で協力してきている。サーキュラーのブロックチェーン技術は現在、ボルボ・カーズのバッテリーサプライチェーン全体で使用され、ボルボ・カーズ初の完全電気自動車であるXC40 Recharge P8に使用されるコバルトのトレーサビリティを100%可能にしており、同モデルは今年の後半からベルギーのゲント工場で生産開始される予定となっている。

ボルボ・カーズがサーキュラーに投資することで、両社はコバルト以外にも対象を拡大し、トレーサビリティの向上が可能になる。雲母などがその一例で、電気自動車のバッテリーパックの絶縁材料として使用される。また、ボルボ・カーズとサーキュラーはCO2排出量のトラッキングや削減など、ブロックチェーンの技術協力を他の分野にも拡大する可能性について調査しており、サーキュラーによる自動車産業やその他産業における倫理的な調達基準の設定に活用されることになる。

さらに、ボルボ・カーズ・テック・ファンドによる投資は、サーキュラーによる資金調達活動の一部であり、他にもシステミック、トータル・カーボン・ニュートラリティ・ベンチャーズ、プラグ・アンド・プレイの3社が投資に参加している。

「私たちは、原材料の倫理的なサプライチェーンに力を入れており、サーキュラーとのパートナーシップはその点において非常に役立ちます。」とボルボ・カーズの調達部門の責任者であるマルティナ・ブーフハウザーは述べ、さらに「サーキュラーの継続的な技術開発を支援することで、調達業務におけるブロックチェーン技術の利用を拡大し、よりサステナブルなビジネスに貢献することができます。」と続けた。

また、ボルボ・カーズは、サプライチェーン全体でブロックチェーン技術を適用することでバッテリーに使用されるコバルトのグローバルなトレーサビリティを、実現した最初の自動車メーカーであり、サーキュラーが開発した技術は、ボルボ・カーズのバッテリー供給パートナーであるCATLとLG 化学とのパートナーシップによって既に導入されている。

CATLとLG 化学は、世界の自動車産業にリチウムイオン電池を供給してきた長い実績を持つ有名な電池メーカーであり、両社は技術的なリーダーシップ、責任あるサプライチェーン、CO2排出量の削減、価格競争力といった点において、ボルボ・カーズの厳しい調達ガイドラインを満たしている。

その結果、ボルボ・カーズ、CATL、LG化学における3社間契約では、XC40 Recharge P8を含むボルボとポールスターの次世代モデルに今後10年に渡り、バッテリーを供給することが約束される。さらに、ボルボ・カーズ・テック・ファンドは2018年に立ち上げられ、世界中の有望なテクノロジー・スタートアップ企業に投資し、人工知能、電動化、自動運転、デジタルモビリティなど、自動車産業を変革する戦略的なテクノロジートレンドに投資を集中させている。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!