エンジン換装とターボ化により未体験の走りが実現したJB43ジムニー【ジムニー天国2020】

2020/07/08 08:00

強烈なパワーと高い操安性を実現した別次元のジムニーカスタム

「ジムニーでありながら、ジムニーではない」というコンセプトをもとに、ファイターエンジニアリングが作り上げたJB43改。一見しただけでは定番カスタム風のスタイリングながら、その中身はコンセプト通り圧巻の仕様となっていて、ジムニーでは決して味わうことができない走りを体感できる。

LEDヘッドランプが独特なマスクを作り出す。バンパーもフォグ付きに変更する。

ブラックアウトされたボンネットを開けると、この仕様の全貌が明らかになる。エンジンはスズキ・エリオ用のM18(1800cc)に換装されており、この段階ですでに124PSを記録している。この仕様をベースに同店はさらなるパワーを求めてターボ化を敢行。トラスト製のスイフト用ターボチャージャーキットの導入で200PS超えを実現。

エンジンのパフォーマンスアップに伴い、水温、油温計、ブーストメーターを追加している。

その上でさらなるモディファイを加えることで、250PSオーバーという驚異の数字をたたき出している。タコ足、インタークーラーはターボチャージャーと同じくトラスト製を使用。フロントパイプ、リアマフラーはワンオフで製作。その加速感はもはやジムニーを超越し、スポーツカーをも凌ぐほどのレベルへと昇華しているが、さらなるチューニングを進めており、最終的には300PS超えを目指すという。

ブリットのバケットシートでドライバーをがっちりとホールドし、操作性を向上させている。

エンジンパワーの増大にともない、関連個所にも徹底的に手を加えている。クラッチを強化タイプとすることで、強大なパワーを余すところなく路面へと伝達する。

エンジンはエリオ用M18(1800㏄)とし、トラスト製のターボキット(スイフト用)を投入。

8本ショック仕様の足まわりは、ダンパーに同店オリジナル仕様のKINGをチョイス。エアーバンプも使用するが、こちらも同店の別注品だ。

足まわりにはKING製のダンパーを投入。エアバンプとともに同店の別注タイプだ。

これらのモディファイで車体の挙動は常に安定。強烈なパワーと高い操安性によって、ジムニーは従来のキャラクターを脱皮し、別次元のジムニーカスタムへと生まれ変わった。

フロントパイプ、リアパイプは同店によるワンオフだ。野太い音が気分を盛り上げてくれる。

ジムニー天国2020より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!