【スクープ】「キックス」に続け! 次期「日産キャッシュカイ」を初キャッチ

2020/06/27 07:00

パワーユニットには2つのハイブリッドシステムを搭載か?

日産が海外で展開するクロスオーバーSUV、「キャッシュカイ」の次期型プロトタイプがカメラにキャッチされた。日本では2007年から2014年まで「デュアリス」の名で販売されていたが海外では「キャッシュカイ」、「ローグスポーツ」などの車名で販売が継続されている。海外専売モデルとなってからは、これが初のフルモデルチェンジとなる。

日産はこのほど、今後18カ月でモデルラインアップを刷新することを発表。その際のをティザームービーでは新型「フェアレディZ」や、新型キャッシュカイらしきモデルのシルエットが公開されている。

今回捉えたプロトタイプは、望遠レンズでの撮影に加えカモフラージュも厳重だったためデザインの詳細は不明。しかし、ヘッドライト内部には2本のLEDデイタイムランニングライトらしきものが確認できるほか、「ジューク」から流用されるリヤクォーターパネル、傾斜を強めたハッチガラスなどからスポーティなシルエットであることがわかる。全体の仕立ては、「IMQ」コンセプトからインスパイアされたものとなるはずだ。

そのハードウェアだが、プラットフォームについては「CMF」アーキテクチャーを継続して採用。一方、パワーユニットはディーゼルエンジンの廃止が濃厚で、代わりに2つのハイブリッドシステムが用意される可能性があるという。ひとつは「e-POWER」搭載モデル、もうひとつは新型「三菱アウトランダーPHEV」にも採用されるプラグインハイブリッド技術を搭載した仕様だ。現段階で日本に改めて導入されるか否かは不明だが、この新型キャッシュカイのワールドプレミアは2020年の後半と予想されている。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!