フランス生まれのピュアEV「DS3クロスバックE-TENSE」が間もなく日本上陸!

H.Tanaka
AUTHOR
2020/06/24 17:15

総電力量50kWhのバッテリーを搭載。航続距離はWLTPモードで320km

グループPSAジャパンは6月24日、DSオートモビルのコンパクトラグジュアリーSUVのピュアEV、「DS3クロスバックE-TENSE」の日本導入を発表した。

「DS3クロスバック」はフランス車らしい感性を感じさせる内外装のデザイン、ラグジュアリーテイストが魅力のコンパクトSUVだが今回の「E-TENSE」はその電気自動車(ピュアEV)版となるわけだ。

DS3クロスバックE-TENSEは、ピュアEVの概念を変える存在になるとグループPSAジャパンでは主張。採用する電動化プラットフォームの「eCMP」は、ICE(内燃機関)版のDS3クロスバックに使われるCMPの電動版で、バッテリーと電気モーターを効率的に搭載している。

居住空間やトランクスペースは内燃機関版と同等で、フル5シーターながらクラス最大級となる約350Lのトランクスペースを両立。組み合わせる電気モーターは100kWの出力を発生。十分な動力性能に加えピュアEVらしい静粛性の高さも魅力のひとつとなっている。

インテリアは、内燃機関のDS3クロスバックと同じくラグジュアリーな仕立て。7インチのタッチスクリーンの下には、タッチコントロールとセンターエアアウトレットがひし形に配置され、スクリーンには主要なコントロールパネルが表示。運転支援システムを筆頭とする装備も充実している。

ピュアEV仕様ならではのディテールは、サテンクロームのDSウイング、アンスラサイトグレーのグリル、各部のE-TENSEマークなど。ベース車同様の独自性に加え、E-TENSEならではのエレガンスもさりげなく演出されている。

このほか、走行性能面では3つのドライブモードを採用。航続距離の最大化を図る「ECO」と「NORMAL」、そしてパワーとトルクを最大化する「SPORT」から選択できる。また、これらのモードとは別にフォーミュラEからインスパイアされた「NORMAL」と「BRAKE」の2つのエネルギー回生システムが実装。ドライバーは好みに応じてシフトレバーの操作により随時選択することが可能だ。

NORMALでは、アクセルを戻した際の内燃機関のエンジンブレーキの挙動をシミュレーション。人の感覚に寄り添ったなじみのある自然な減速感を実現する。一方、BRAKEは最大減速度が約1.3m/sに達し、いわゆるワンペダルドライブに近い運転が可能となる。ちなみにピュアEVとしての最大航続距離は欧州のWLTPモードで320kmとのこと。右ハンドルとなる日本仕様の詳細については7月末に改めて発表される予定だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!