メルセデスAMGの「53シリーズ」に「GLE」が追加!

2020/05/30 15:00

新しいシャシー制御の「AMGアクティブ・ライド・コントロール」を初搭載!

メルセデス・ベンツ日本は、アッパーミドルSUVの「GLE」にAMGモデルである「メルセデスAMG GLE53 4マティック+」を追加。5月28日より予約受注を開始した。カスタマーへの納車は、6月以降を予定している。消費税込みの車両本体価格は、13,320,000円だ。

「Mクラス」と名乗っていた時代も含め、メルセデスSUVラインアップの中核を担ってきたGLEの現行型は2019年6月に登場。GLEとしては初めて3列シートの7人乗りとなったことでも話題を呼んだ。今回、追加された「GLE53」は名前の通りメルセデスAMGの「53シリーズ」に採用される3L直列6気筒ターボ+48V電装のISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)+電動スーパーチャージャーを搭載した高性能モデル。そのアウトプットは最高出力が435㎰、最大トルクは520Nmというもの。21㎰と250Nmを発揮するISGとの組み合わせによって、ただ高性能なだけでなく優れた快適性と高効率化も両立している。

シャシー面では、「AMGアクティブ・ライド・コントロール」の初採用もトピック。「AMG ライド・コントロール+エアサスペンション」をベースとして、優れたアジリティとニュートラルなハンドリングを実現している。これは、前後アクスルそれぞれに配されたアクチュエーターが独立して動き車体の安定化を図るもので、1秒あたり1000回という頻度で路面状態に応じた応した制御を行う。その結果、直進時にはサスペンションがしなやかにストロークして快適な乗り心地を提供しつつ、コーナリングや車線変更時にはロールを効果的に抑制するという。

AMGモデルということで、内外装もノーマルなGLEとはさりげなく差別化。エクステリアでは縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルを採用するほか、インテリアはAMGスポーツシートやAMGパフォーマンスステアリングなどで上質にしてエクスクルーシブに仕上げられている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!