トヨタの「アルファード/ヴェルファイア」、「RAV4」、「ライズ」がJNCAPで最高ランクに

H.Tanaka
AUTHOR
2020/05/29 16:00

「アルファード/ヴェルファイア」は2年連続で「予防安全性能評価大賞」を獲得

トヨタの「アルファード/ヴェルファイア」、「RAV4」、「ライズ」が2019年度の自動車の安全性能を試験・評価する自動車アセスメント(JNCAP)で最高ランクとなる賞を獲得した。

アルファード/ヴェルファイアは「予防安全性能評価ASV+++(トリプルプラス)賞」、RAV4は「予防安全性能評価ASV+++賞」および「衝突安全性能評価ファイブスター賞」、そしてライズが「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を受賞。アルファード/ヴェルファイアについては、昨年度に引き続き予防安全性能評価における試験結果で最高得点を獲得。2年連続で「予防安全性能評価大賞」が授与された。

トヨタ・ライズ

JNCAPでは、国内の交通事故実態を踏まえた対策を重視して試験方法と評価基準をきめ細かく策定、毎年見直しが実施されている。予防安全性能の評価では、夜間における歩行者の死亡事故が多い実態を踏まえ2018年度より街灯下における夜間の歩行者に対応する衝突被害軽減ブレーキ性能試験が導入。2019年度には、街灯のない夜間の歩行者に対応する衝突被害軽減ブレーキ性能が評価項目に追加されている。

トヨタRAV4

アルファード/ヴェルファイア、RAV4は夜間の歩行者にも対応する「トヨタ・セーフティ・センス」が搭載。これによりJNCAPの最高ランクである「予防安全性能評価ASV+++賞」という高評価を受けている。

トヨタ・ヴェルファイア

衝突安全性能の評価においても、高齢者に合わせた傷害基準の採用やより人体忠実度が高い新型の評価ダミーへの変更などが実施。最新の衝突安全ボディや乗員拘束装置を採用したRAV4およびライズは、最高ランクの「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を獲得している。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!