【スクープ】次期「マツダ・ロードスター」、“NE”は「スピードスター」を設定? そのエクステリアを大予想

2020/05/22 07:00

フロントガラスを大胆に排除、ボディもアグレッシブなデザインに!

マツダは、2016年のSEMAショーでコンセプトカーの「スピードスター・エボリューション」を発表しているが、今回はそれをベースに、「NE」型とも噂される次期「ロードスター」の「スピードスター」を大予想してみた。

海外アーティストが提供してくれた予想CGでは、フロントガラスを排除。運転席側には、コンパクトなガラス製のシールドがレイアウトされる。このほか、エクステリアではリップスポイラーやダブルバブルのリヤカウル、左右出しのエキゾーストパイプ中央にはデュフューザーも装備される。

また、ボディ自体は前後ともワイドなフェンダーとし前後を繋ぐサイドシルもボリュームアップ。低く設定された車高と相まって、アグレッシブに仕立てられた。なお、コンセプトの予想CGということでヘッドライトは初代ロードスターのリトラクタブル式をイメージしたLEDシグニチャーが組み合わせた。また、予想CGでは標準カラーに加えマルボロバージョンも展開。ボディのデザイン自体は同じだが、色使いに応じて印象がガラリと変わっている点は興味深い。

いまのところ、次期ロードスターにスピードスターが設定されるか否かは不明だ。しかし、そのパワーユニットにはマツダが世界に先駆けて実用化した自己着火式ガソリンエンジンの「SKYACTIV-X」、あるいは新開発のハイブリッドシステムを搭載して電動化されると予想されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!