「アウディQ5」のディーゼルモデルにスポーティな限定モデルが登場

H.Tanaka
AUTHOR
2020/05/19 17:00

Sライン・パッケージなどの人気オプションを標準装備

アウディ・ジャパンは、ミドルSUVの「アウディQ5」をベースに内外装の機能、装備面を充実させたスポーティな限定モデル「アウディQ5 Sライン・コンペティション」を設定。5月19日より発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は7,740,000円。

ベースモデルは「アウディQ5 40TDIクワトロスポーツ」で、最新の電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンを搭載。優れた環境性能と190ps/400Nmというアウトプットで、高い経済性とともに余裕のあるドライビングフィールを実現している。

その特長は、Sラインをさらにスポーティで個性的に仕上げた希少性の高さ。本来はオプションの「アシスタンスパッケージ(LEDヘッドライト、LEDリヤコンビネーションライト、アウディプレセンスリヤ、アウディサイドアシスト、バーチャルコックピット)」や「Sライン・パッケージ(Sライン・バンパー、ドアシルトリムSライン・ロゴ、Sライン・エクステリアロゴ、ヘッドライニングブラック、アルカンターラ/レザーSライン・ロゴ、Sライン・ステアリングホイールエンブレム、ステンレススチールフットペダル、スポーツサスペンション、マルチカラーアンビエントライティング)」が標準で装備。

加えて「ブラックスタイリングパッケージ」といったパッケージをはじめマトリクスLEDヘッドライト、プライバシーガラス/アコースティックガラス(フロントサイド)、シートヒーター(フロント/リヤ)など、さまざまな人気アイテムが標準化されている。

また、特別装備としてエクステリアにはマンハッタングレーメタリックのコントラストペイントを施し、グロスブラックのアウディスポーツ製5アームローターデザイン20インチアルミホイールを装着。インテリアには、3スポークレザーマルチファンクションフラットボトムステアリングホイールやピアノブラックのデコラティブパネルが奢られる。

ボディカラーは、ターボブルー、アイビスホワイト、グレイシアホワイトメタリック、ナバーラブルーメタリック、デイトナグレーパールエフェクトの5種類がラインアップ。販売台数は、計250台の限定となる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!