トヨタ・モビリティ基金がコロナウイルスと戦うタイの医療従事者に送迎サービスを実施

H.Tanaka
AUTHOR

4月中旬より衛生的なシャトルバスをオンデマンドで運行

新型コロナウイルスによる深刻な影響が拡大する中、各国の政府、医療機関ではさまざまな対策がとられているが、一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(TMF)はバンコクの病院と連携、その治療に携わる医療従事者向けにオンデマンド型の送迎サービスを実施する。なお、期間は4月中旬から3カ月間を予定している。

このプロジェクトでは、過酷な勤務が続く医療従事者の通勤の負荷軽減、感染予防のため、衛生的なシャトルバスをオンデマンドで運行。シャトルバスには空気清浄器を設置し、定期的なシートカバー交換、頻繁な消毒など衛生面での対処を行ない、乗客間に必要な距離の確保などのガイドラインにも従うという。

シャトルバスの利用にあたっては、乗車したい場所と時間をシステム上から指定することで座席が予約。それを踏まえて、ジャストインタイムの考え方に基づき選択された最適ルートにて運行される。

TMFは2014年8月の設立以来、豊かなモビリティ社会の実現とモビリティ格差の解消に貢献することを目的にタイ、ベトナム、インド、ブラジルでの交通手段の多様化や日本の中山間地域における移動の不自由を解消するプロジェクトへの助成。さらに、障害者向け補装具開発を支援するアイディアコンテスト実施、水素研究の助成、人工知能による交通流最適化の共同研究など、世界のモビリティ分野における課題に取り組んでいる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!