ジャガーI-PACEで充電の旅。周南レトロ喫茶で絶品サンドに出会う 桜前線は追えるのか!? ジャガーのEV「I-PACE」で行く「早春、大人の充電旅。第3回」

2020/03/26 17:45

3連休初日で道の駅の急速充電器に順番待ち
大きなバッテリー容量を生かして峠に寄り道を

ジャガーのEV、I-PACEで鹿児島から東京まで、桜前線を追いかけながら5日間かけて行う充電旅。2日目の朝を由布院の温泉旅館で迎え、散策後に向かうは本州最西端の山口県周南市 徳山駅に併設される「周南市立徳山駅前図書館」だ。ひと晩旅館で充電し、走行可能距離が前日の40kmから230kmまで回復したが、徳山駅に到着するにはどこかで一度充電が必要だ。

この日は3連休の初日。大分自動車道の湯布院IC近くにある「道の駅ゆふいん」で急速充電をしようと試みるが、なんと4台もの充電待ちがあって諦めることに。係の方曰く「ここの急速充電器は無料のため、休日はいつも混むんですよ」とのこと。バッテリーは半分以上残っており、200km以上走れるはずなので、少し寄り道をしてワインディングで有名な「やまなみハイウェイ」を走ってみることにした。もしかしたら桜がどこかに咲いているかもしれない。

電気自動車のレース「フォーミュラE」では、その前座レースとして「eTROPHYシリーズ」があり、I-PACEはそのベースカーとなっている。コーナーリング性能は自動車評論家の皆様からの評価も高いだけあり、やまなみハイウェイのコーナーをビタっと安定して走ることができ、ワインディングがとても楽しい。しかし桜は咲いておらず、東九州自動車道に乗って徳山駅に向かうことにした。

九州エリア最後の充電は今川PA
PHVのドライバーと充電器情報を交換

途中、まずは上毛PAで充電にトライ。しかし、充電器の出力がいまひとつな感じがしたので、次の今川PAで充電することにした。到着するとすでにPHVが充電していたので、ドライバーに声をかけてみると、なんでも大分の山でトレッキングをしてきて、これから北九州に帰るとのこと。「今日は休日だし、本州に行くとEVが増えてPAで充電待ちをしていることが多いから、九州のPAで充電しておいたほうがいいよ」とのアドバイスをいただき、その方の充電を10分待ったあと30分、約100km分充電。その後、およそ2時間かけて徳山駅の周南市立徳山駅前図書館に到着することとなった。ますます増えつつあるEVだが、日本全国潤沢に充電設備がある、というわけではない。旅先でのこういった情報交換も、あと数年はEV旅のおもしろさにつながるかもしれない。

全国の蔦屋書店はローカル情報が豊富
旅行担当コンシェルジュにお勧めを聞く

周南市立徳山駅前図書館は蔦屋書店とスターバックスコーヒーが併設され、2018年にオープン。街の情報基地となっている。今回の充電旅でそれぞれの地域にある桜の名所に行きたいと考えたのだが、日本各地にある蔦屋書店では地元の情報があるとともに、観光に強いコンシェルジュが在籍しているため、立ち寄りポイントとしてはピッタリなのだ(EV用の充電コンセントがあればさらにうれしいところだが)

迎えていただいたのは、図書館スタッフの田中さん。彼女は『周南さんぽ』という地元のオススメを紹介する観光ガイドの編集にも携わっており、近辺の見所や桜の名所を聞くにはピッタリだ。ただ、15時半に約束していたものの、我々がまたしても充電時間などの時間を読み誤り、到着したのは16時半。駅周辺の見所を聞くと、残念ながら桜もまだ咲いていないとのこと。「徳山駅周辺には、昭和レトロな喫茶店が残っているので、時間があればカフェめぐりをするのがお勧めなんですが」とのこと。それなら、とお勧めの喫茶店を訪ねてみることにした。

文:隂山惣一/写真:近藤浩之

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!