【雪上試乗】様々な日産のモデルで雪上走行を堪能!「日産インテリジェント・スノードライブ」

AUTHOR
2020/03/21 15:00

各車の性能を存分に体感できた

軽自動車からコンパクトカー、セダンやSUV、そしてEVやスポーツカーまで、ニッサンのあらゆるモデルを雪上で走らせる試乗会が札幌・江別のコースで開催された。駆動方式の違いや制御の特性を知る上で、雪上ドライブは絶好の機会なのだ。

昨年に続き、日産雪上試乗会が札幌市近郊の江別市にある雪上サーキット「モータースポーツ札幌」で行なわれた。この試乗会は楽しみにしているイベントのひとつだ。というのも、雪上を走らせることで普段見え隠れしているクルマの素の特性が露になるからだ。

たとえばGT-Rは、サーキットでさえその性能を全部引き出すのは大変だが、雪道ならクルマの限界領域の動きがはっきり表れる。雪道でのGT-Rは思いのほかステアリングの利きがよく、ノーズの動きが軽く、コーナー立ち上がりでスッとフロントタイヤに駆動トルクが伝わって、4輪でぐいぐい加速していく。雪道だとそれが明瞭にわかる。

ハンドリングコース/S字からタイトコーナー、回り込むコーナーなど、様々なレイアウトが用意されていたハンドリングコースでは、GT-RとフェアレディZ、ノートeパワーを試乗。Zのコントロール性の良さが楽しめた。

一方、フェアレディZは、GTRとは逆に安定性重視。ホイールベースが短いのに思いのほかクルマの動きがどっしりしている。タイヤサイズが前後異サイズになっていることも、グリップ限界の低い雪道での安定性やトラクション性能の良さにつながっていて、雪道で素晴らしく乗りやすい。FRの古典的なレイアウトだが、奇をてらわないことがかえって素直で教科書通りの操縦性なのだ。

ノートeパワー4WDは、前後モーター駆動の威力を遺憾なく見せつけてくれた。前輪の滑りを感知して4WDとなり、30km/h程度でFFに戻る簡易型4WDだがVDCとの相性が抜群で、滑りやすい坂道をスルスル駆け上っていく。生活4WDとして考えたら十分な性能だろう。

さらに意外なパフォーマンスを見せてくれたのが、キャラバンだった、商用車だがFRで、案外コントロールが効くのだ。単純に走っていて楽しかった。

定常円旋回/定常円旋回ではFRのスカイラインとキャラバン、リーフで走った。リーフの安定性の高さは◎。パイロンターンをするなど振り回して楽しめたのはやはりスカイラインとキャラバンだった。

試乗前とても興味があったのがデイズの4WD。ビスカスカップリング式4WDの粘性が高く、雪道ではかなり走りそうだと思っていたからだ。その出来の良さは予想通りで、トルク伝達に優れたタイプのビスカスカップリングだからなのかリアタイヤに駆動力がかかっている感触がしっかりあり、トラクション性能だけでなく思った以上に振り回しやすかった。まさに雪道で走って楽しい軽だった。

 

一般道/一般道はセレナとXトレイル、ノートeパワー・ニスモでドライブ。雪不足のため、残念ながら写真のような雪上シーンは走行できなかった。

スラローム/軽のデイズとハイパワーサルーンのスカイライン400R、そしてEVのリーフと、バリエーション豊富だったスラローム走行。中でもデイズの4WDの出来は◎。

取材協力
日産自動車 https://www.nissan.co.jp/

 

ル・ボラン2020年4月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!