【スクープ】レクサスのSUV攻勢が始まる? 新しい7〜8人乗りのミッドサイズ級モデルを計画中!

2020/01/31 11:00

注目は新型「LX」や市販型の「LF-1リミットレス」

レクサスが、まったく新しいクロスオーバーSUVの投入を計画中であることが判明した。米誌によれば、かつてドイツのライバルたちをリードしていたレクサスだが、いまや現在のクロスオーバーSUV市場では遅れをとっており、メルセデス・ベンツやBMWに対抗できるラインアップ強化が必須だという。

新型LX予想CG

米国・メリーランド州、アナポリスのブランドディーラー評議会議長であり、同ブランドのフランチャイズ・ゼネラルマネージャー、ポール・ラロシェル氏は、インタビューに対しレクサスが新しい7〜8人乗りのミッドサイズ・クロスオーバーSUVを計画していると語った。ただし、発売時期に関しては言及していない模様だ。

市販型LF-1リミットレス

今後、レクサスは2020年にフラッグシップSUVの新型「LX」を投入。2021年には、「LF-1リミットレス」の市販型を発売する計画という。新型LXのパワーユニットは、システムトータルで480ps程度を発揮する2.5L V型6気筒ツインターボエンジン+電気モーターのハイブリットが搭載される模様。一方、市販型LF-1リミットレスでは「LS」から流用される3.5L V型6気筒エンジン、または3.5L V型6気筒+電気モーターの「マルチステージハイブリット」が採用される模様だ。

現行RX

レクサスでは、すでにコンパクト級の「UX」投入に加え「RX」や「NX」のテコ入れも実施しているが、2020年以降はミッドサイズ級SUV市場でも逆襲が始まりそうだ。

現行RX

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧