“MBA”の話題のコンセプトカーを振り返る、市販化が期待されるも輝いて消えたクルマたち

小野泰治
AUTHOR

モーターショーのブースで華やかに飾られるのがコンセプトカー。その中には夢のようなスポーツカーから未来のハイテクを満載したモデルがある。ここでは、MBAの残念ながら市販化には至らなかったモデルを紹介しよう。

元々、コンセプトカーといえばモーターショーなどでクルマ好きに「夢」を売るための徒花的存在。その昔は自走すらできないモックアップが当たり前だっただけに、市販化されなくともなんら不思議ではない。だが、いま改めて3強の作品を振り返ると、単にコンセプトカーとひと括りにはできない一種の“温度差”がうかがえる点は興味深いところだろう。

メルセデスは未来志向

たとえばメルセデスの場合、そのコンセプトカーはクルマの未来を意識させるものが目立つ。近年では市販車のティザーに近いモデルもあるが、コンセプトIAAや前々回の東京モーターショーに登場したヴィジョン・トウキョウなどは良い意味でコンセプトカーの典型だ。そんな中にあって、多少異色だったのはヴィジョンSLAだろう。Aクラスベースのオープンという構成は、具体的にして現実的。また、メルセデスからは未発売だがF700に搭載された自己着火式ガソリンエンジンも未来ではなく近々の実用化を想定したものだったはずだ。

VISION SLA/ヴィジョンSLA

デビューは2000年のデトロイト・ショーで、SLRマクラーレンや後の2代目SLKを彷彿とさせるデザインが特長的。ボディはアルミとプラスチックのコンビ。サイズは全長3773×全幅1831×全高1251mmで1.9Lエンジンを搭載。具体的な性能データも発表されていただけに、市販化も期待されたが……。

F800 STYLE/F800スタイル

Bピラーレスでリアのドアがスライド式という点はコンセプトカーらしいが、スタイリングは後の市販メルセデスに通じるF800は2010年に公開。パワートレインは、3.5LのV6エンジンに電気モーターを組み合わせたプラグインHV。総電力量10kWhのバッテリーを搭載、30kmのEV走行が可能と発表された。

CONCEPT IAA/コンセプトIAA

名前の通り、お披露目は2015年のフランクフルト・ショー。エアロダイナミクスを追求したコンセプトカーで、Cd値は実に0.19。最大の特長は走行条件に応じてボディそのものを可変させることで、前述の空力性能を発揮する際は全長が大幅に伸びる。とりあえず、現状の日本では市販化が不可能?

F700

2007年のフランクフルトで発表されたF700は、“自己着火式”ガソリンエンジンを搭載。「ディゾット」と名付けられた1.8Lユニットは、200km/hの最高速度と約19km/Lの低燃費を両立するとされた。このエンジンこそ商品化されなかったが、油圧式アクティブサスペンションは後のSクラスに採用。

VISION MERCEDES-MAYBACH 6/ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6

2016年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで初披露されたマイバッハブランドのラグジュアリーなEVコンセプト。駆動は4輪それぞれに配された電気モーターで総出力は実に750ps。文字通りのガルウイングドアや翌年にはオープンバージョンを発表しているあたりは往年の300SLを彷彿とさせる。

ル・ボラン2020年2月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧