PSAが電動車両の組み立てラインを新設

田畑修
AUTHOR

トレメリー工場に新設されたラインは年間12万基の生産能力を確保。競争力強化を図る

フォルクスワーゲンを始めドイツ勢が電動化を推進する中、フランスメーカーも手をこまねいているわけではない。プジョー、シロトエン、DSに加えてオペルの4ブランドを抱えるPSAグループもここにきて電動化に向けて積極的な投資を進め、フランス東部のトレメリー工場に電動パワートレインの組み立てラインを新設。2020年には年間約12万基、2021年までに約18万基の生産が可能な規模へと拡大していく構えだ。
PSAは日本電産との合弁で2018年に日本電産イーモーターズを設立して電動化戦略を進めており、今回の新生産ライン開設もその一環となる。ここで生産された電動パワートレインはPSAの全ブランドの電動化車両に搭載されることになり、最終的には年間90万台規模の生産が可能になるとしている。
トレメリー工場は1979年の開設以来、5000万台近いガソリン、ディーゼルエンジンを生産してきたが、これを機に電動化へと大きく舵を切る形となる。内燃機関の生産も続けるものの、欧州で進む電動化の波にも対応できる体制を明確にすることで、企業競争力を保つ姿勢もかいま見える。
PSAは2025年までにブランド全車でプラグインハイブリッドを含む電動化車両を選べるようにするとしており、その計画達成のためにも大規模な電動化生産ラインは欠かせない。日本企業も加わったラテン系電動車両が日本に上陸する日もそう遠くはなさそうだ。

ル・ボラン2020年2月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧