「アリア・コンセプト」が北米デビュー! 家電の祭典CESでの日産のテーマは「おもてなし」に

H.Tanaka
AUTHOR

「プロパイロット・ゴルフボール」などで未来のビジョンを紹介!

日産自動車はCES2020において、日本のおもてなしの心をテーマに、ゼロ・エミッションの「ニッサン・アリア・コンセプト」から「アイスクリーム移動販売車」、「プロパイロット・ゴルフボール」などの様々な展示物を通して、同社の未来のモビリティに対するビジョンを紹介する。

今回北米で初公開となる「ニッサン・アリア・コンセプト」は、新しい電気自動車専用プラットホームをベースに様々な先進技術が搭載されており、未来を感じさせる革新的なドライビングと所有体験を提供する、進化し続ける日産の技術とサービスの総称である「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現したモデルとなっている。

日産自動車で研究・先行技術開発を担当する専務執行役員の浅見 孝雄は、「ニッサン アリア コンセプトを見ると、新しい運転体験が今まさに現実になりつつあることがわかると思います。このゼロ・エミッションのクロスオーバーは夢を追い求めるだけのコンセプトカーではなく、近い将来に実現する技術を示しています。」と述べている。

また、日産ブースでは全体のデザイン、レイアウト、香りに至るまで、日本の伝統的なおもてなしの心と気配りを細部に至るまで反映させたとのことだ。

日産自動車でグローバルデザイン担当の専務執行役員であるアルフォンソ アルバイサは、「我々がお客さまにお届けしたいと考えているものは、日本のおもてなしの心です。それは今回日産ブースにお越しの方に対しても同じです。未来を感じさせる我々の最新車両や技術を通して感じるおもてなしの心やワクワク感、日本の匠の技をブースでも体感いただけるよう、心がけました。」と述べている。

日産ブースの見どころは、電気自動車クロスオーバー「ニッサン アリア コンセプト」「アイスクリーム移動販売車」「プロパイロット ゴルフボール」の他に、パワーセルフィ、フォーミュラE レースカー、日産リーフ e+などがある。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧