新たな役割を得たフォルクスワーゲンの「ジェッタ」が中国で好スタート!

AUTHOR

中国では若年層向けの新しいサブブランドにシフト

フォルクスワーゲンはこのほど、中国市場で9月から新たに展開された「Jetta(ジェッタ)」ブランド車が、導入以来約3万台を販売し、好調なスタートを切ったことを報じた。

日本人にとってジェッタといえば、ゴルフをベースにしたCセグメント4ドアセダンを思い起こす。ジェット気流に由来して名付けられたジェッタは、日本にもたびたび導入された経緯を持つ。3代目では「ヴェント」、4代目では「ボーラ」、5代目で再び「ジェッタ」と、日本仕様ではネーミングが変更されてきたが、5代目をもって日本導入は終了している。なお、北米では7代目となる現行型が健在だ。

市場によって名前や扱いが異なるジェッタだが、中国ではジェッタがフォルクスワーゲンの新たなサブブランドとして生まれ変わった。新生ジェッタ・ブランドは中国の若年層をターゲットとしており、発売されるモデルはすべて中国にある合弁会社「一汽フォルクスワーゲン」の成都工場で生産される。

今のところ発売されているのはセダンの「VA3」とSUVの「VS5」の2モデル。今後はさらに別のSUVを導入する予定で、中国ではこのジェッタ・ブランドによるモデルファミリーを構築していくとのことだ。

いまや、フォルクスワーゲンは中国が最大の市場となっている。世界販売の約半分を中国が占めており、2018年は年間で300万台以上を記録。このたびのジェッタ・ブランド車の導入により、2019年も300万台以上の販売台数が維持できる見込みだという。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧