「日産GT-R50 byイタルデザイン」の市販モデルは2020年後半に納車スタート!

小野泰治
AUTHOR
2019/12/06 16:00

日本における正規ディーラーは「ケータハム」などを手掛けるエスシーアイに

日産は、イタルデザインと共同開発した「GT-R50 byイタルデザイン」の市販モデルの納車を2020年後半から開始する。50台限定生産となるGT-R50 byイタルデザインの市販モデルは、2020 年3 月に開催されるジュネーブ・ショーのイタルデザインブースに展示予定。日本では、プロトタイプが12月8日に開催される「NISMOフェスティバル at 富士スピードウェイ2019」に展示。その後は銀座にある「ニッサン・クロッシング」や2020年1月の東京オートサロンでも展示される予定だ。

GT-R50 by イタルデザインの市販モデルには発表当初より世界中から強い関心が寄せられている。すでに予約済みのカスタマーは好みにあわせた仕様の選定を開始、50台の予約枠は残りわずかになっているという。日本における販売は、VTホールディングス傘下で「ケータハム」などの販売を手掛けるエスシーアイが担当。同社は、日本における輸入および販売を行う正規ディーラーとなる。

日産のスポーツカー担当プログラム・ダイレクターのボブ・レイシュリー氏は、市販モデルの納車時期発表に際して以下のようにコメントした。

「ハイパフォーマンスカーを少量生産でテーラーメイドしていく、イタルデザインとの本プロジェクトが提供するパーソナライズされた素晴らしい体験を私たちのお客さまは満喫しています。日産GT-R50 by イタルデザインは、一台一台がそれぞれ最高傑作になることでしょう」

「日産GT-R50 by イタルデザイン」は、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に迎える生誕50周年を記念して共同開発したモデル。最新の「GT-R NISMO」をベースとし、ニスモで組み立てられた最高出力720psを発生する3.8L V6 VR38DETTエンジンを搭載している。市販モデルは、各市場における認可手続きを経た後、2020年後半から2021年末に納車予定という。

関連サイト:www.GT-R50.nissan /aporta.gtr50@italdesign.com(イタルデザイン)

問い合わせ先:justin.gtr50@vt-holdings.co.jp

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧