【比較試乗】「プジョー 508 vs 508 SW」セダンとワゴン、アナタならどちら?

AUTHOR
2019/11/29 07:00

プジョーの最新デザイン言語を唄うことで、モダンでスタイリッシュに生まれ変わったミドルクラスの508シリーズ。セダンとワゴン、どちらを選ぶかはお好み次第だが、ボディの違いが走りにどう現れるのかは気になるところだろう。そこで今回は同一エンジン車を連れ出して、微に入り細に入り観察してみることに。すると、意外な結果が導き出された……。

パフォーマンスで考察する現代のフレンチミドル

ファストバックのエレガントなルーフラインでセダンの価値を大いに高めた508に、ステーションワゴンのSWが加わった。スタイル重視か、あるいはユーティリティ重視かはユーザーのライフスタイルや好みで判断していただくとして、ここではボディ形状による乗り味の違いがあるのかどうかを比較試乗で検証してみたい。

小径ステアリングやデジタルディスプレイ、横一線のトグルスイッチなどで構成されるiコクピット。使い勝手に好みはあろうが斬新さは◎。

用意された試乗車はファストバック5ドアのセダンがGT Line、SWがAllureで、ともに1.6L直噴ターボのガソリンエンジンを搭載。タイヤは前者が18インチ、後者が17インチとなる。

今回は両車ともに1.6L 4気筒ガソリンターボを搭載。400Nmの大トルクを発生させる2Lディーゼルターボも魅力的な選択肢だが。

ステーションワゴンはリアゲートの開口部が大きいためにボディ剛性が不利になり、乗り心地がバタつく、あるいはソフトなサスペンションで辻褄を合わせているなんてことも以前は少なくなかった。また、セダンのようにリア周りの隔壁がないのでリアタイヤのノイズが室内に入り込んでしまうということも起こりやすい。ステーションワゴンはユーティリティに優れてはいるけれど、走りや快適性ではやはりセダンが有利なのだ。

PEUGEOT 508SW/プジョー508SW

しかしながら、508ではボディ形状によるそういった違いはほとんど感知できなかった。セダンとSWを同じ道で同じように走らせて乗り比べてみても、ノイズの聞こえ方にほとんど違いはない。それよりも、今回の試乗車はセダンのほうが大きなタイヤを履くのでロードノイズは全体的に大きめ。音量を抜きにして観察してみても、SWはリアからの侵入音のほうが比較的大きいなどということもなく、聞こえ方のバランスは同様だ。

フォト=柏田芳敬/T.Kashiwada ル・ボラン2019年12月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧