「GT-R」と「フェアレディZ」の50周年をフィーチャー! 今年も「NISMOフェスティバル」が12月8日に開催

H.Tanaka
AUTHOR
2019/11/28 18:00

今年はチューニングカーのタイムアタックイベントも開催!

日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、12月8日に富士スピードウェイで開催するファン感謝イベント「NISMOフィスティバル」のイベント概要を発表した。

日本のモータースポーツファン感謝イベントの先駆けである「NISMOフィスティバル」は、今年で22回目の開催。今年は「GT-R」と「フェアレディZ」の誕生50周年を記念し、「NISMOフィスティバル」でもその歴史を振り返る。GT-Rは、1969年にJAF GPで優勝した通称ハコスカから人気のグループA仕様のR32GT-R、そして最新のスーパーGTを戦った車両が、フェアレディZはレースカーからロードカーまで多数の車両が登場する。また「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」を体現した最先端のフォーミュラEカーや「日産リーフNISMO RC」など、日産とニスモを代表するクルマが一堂に会し、カテゴリーや時代の枠を超えた展示やデモ走行が行なわれる。

 

さらに、今年はチューニングカーによるタイムアタックイベントや、GT-RやZのオーナーを対象とした「オーナーズパーキング」など、「参加する楽しみ」と「見る楽しみ」を兼ね備えたイベントも開催。ニスモ社長で、日産のNISMOロードカー事業を統括する片桐隆夫氏は以下のようにコメント。

「NISMOフェスティバルは、私たちが大事に育ててきたイベントです。今年もファンの皆様、ドライバーや監督、チームスタッフの方々と私たちニスモ社員とで楽しい一日を作り上げていきますので、ぜひ多くのお客さまにご参加いただきたいと思います」

会場では、コースイベントやトークショーの開催に加え毎年人気の高い限定品などを販売するブースを設置。さらに、ファミリーで楽しめるキッズコンテンツも予定されている。

NISMOフィスティバルat富士スピードウェイ2019

日程:2019年12月8日(日)
時間:8:00~17:00 (予定)
場所:富士スピードウェイ(静岡県駿東郡)
主催:ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル
後援:日産自動車

概要(予定):レーシングカー走行/展示、トークショー、キッズ向けコンテンツ、オーナーズパーキング、出展各社PR/物販ブース
出演者(予定):長谷見昌弘、星野一義、近藤真彦、柳田春人、和田孝夫、鈴木利男、本山哲、松田次生、ロニー・クインタレッリほか日産系ドライバー多数と日産系チーム・レースクイーンなど
入場料:前売り2,000円(当日2,500円)中学生以下・65歳以上は入場無料
駐車料金:1,700円(4輪)、900円(2輪)
オフィシャルサイト:http://www.nismo.co.jp/event/festa2019/

レーシングドライバーやNISMOアンバサダーがニスモフェスティバルの魅力を語る。
https://www.nismo.co.jp/news_list/2019/event_information/19011.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧