【海外試乗】「アウディ RS7スポーツバック」アウディの武闘派集団が放つ最新ウェポン

AUTHOR
2019/11/15 08:00

モータースポーツ直系のアウディスポーツが仕立てた最新モデルが4ドアクーペの頂点に立つRS7スポーツバック。そのハイチューンぶりは写真を見ればご覧のとおり。鍛え抜いた高性能を隠そうともしない。ライバルはズバリ、発表間もないBMW M5グランクーペで決まりだ!

フレキシブルな高性能こそアウディスポーツの真骨頂

アウディの4ドアクーペ・シリーズにおけるハイエンドモデル、RS7が6年ぶりにフルモデルチェンジを受けた。チーフデザイナーのマーク・リヒテが「これまでのデザインで最高傑作、自分自身も注文をした!」と自画自賛するほど、たしかに強く美しいデザインといえる。フロント中央のシングルフレームグリルと左右の巨大なエアインテークは、背後にある高出力V8エンジンの存在を暗示。また、左右にそれぞれ20mmずつ張り出したオーバーフェンダー、リアのディフューザー両端から突き出たオーバルのエキゾーストエンドなどが、その存在感を臆することなく表現している。

A7のスタイリッシュなフォルムを損なうことなく高性能化を主張するデザインはお見事。フェンダーは左右それぞれで20mmずつ拡幅化。

インテリアは3つのディスプレイからなるアウディの最新フルデジタルMMIで、センターコンソールのそれはタッチスクリーン式。マルチファンクションスポーツステアリングはグリップ部分がアルカンターラで感触も素晴らしい。

大胆な造形のリアディフューザーと、オーバルの大径エキゾーストエンドが実にアグレッ
シブ。トランクリッドにはスポイラーを内蔵。

V8ツインターボの排気量は4Lで、最高出力600ps、最大トルク800Nmを発揮。8速ティプトロニックを介しての0→100km/hは3.6秒で、最高速度は250km/hに自主規制されるが、オプションで280km/h、あるいは305km/hまで引き上げることが可能だ。

フォト=アウディAG/Audi AG ル・ボラン2019年12月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!