次世代ジャガーはここで描かれる!「JAGUAR DESIGN STUDIO/ジャガー・デザイン・スタジオ」

AUTHOR

84年の歴史において初となる専用のデザインスタジオがオープン

太陽光がさんさんと注ぎ込むなんとも贅沢なスペース。ここはイギリスのゲイドンに開設されたジャガーの新しいデザインスタジオだ。ジャガーといえばシンプルかつ流麗なデザインのサルーンやスポーツカーを数多く生み出してきたブランドだが、驚いたことに、デザイン部門がひとつ屋根の下に揃ったことは創業以来なかったという。そこでジャガー・ランドローバーの新しい研究開発施設であるアドバンスド・プロダクト・クリエーション・センターのオープンにともなってジャガーのデザインスタジオを新設。このほど一部報道陣にその内部が公開された次第である。

打ち合わせスペースを潤沢に用意したのも新デザインスタジオの特徴のひとつ。天井から差し込む太陽光は省エネにも役立つ。

注目すべきは、このデザインスタジオがクレイモデルの製作に注力している点で、エクステリア部門とインテリア部門のそれぞれにプレートと呼ばれる長さ20mのクレイモデル作業スペースを5つずつ用意。さらに3+2軸で制御できるCNCクレイモデル・マシンを各プレートに配備することで、コンピュータのデータから素早く1:1スケールのクレイモデルを作成できるという。

完成したクレイモデルには光沢のあるフィルムを貼り、塗装されたボディパネルを再現する。サンプルとして用いられたのはIペイス。

いまや自動車デザインの世界にもコンピュータ化の波が押し寄せ、クレイモデルの製作を省略してデザインされたコンセプトカーなどが登場する時代となったが、ジャガーがクレイモデル製作にこだわるのは、コンピュータのスクリーン上ではわからない微妙な表情や、クレイモデルにして初めて確認できる立体造形に強いこだわりを持っているからだろう。ちなみに、ポルシェのデザイン部門もクレイモデル製作を重視しており、歴代モデルと新型のクレイモデルを並べてデザインの継続性をチェックしているそうだ。

プレートの先はご覧のようなベランダにつながっており、ここで自然光の下でのデザインを確認できるように工夫されている。

この新しいデザインスタジオを取り仕切ることになるのが、先ごろリタイアしたイアン・カラムの後任としてデザインディレクターに就任したジュリアン・トムソン。そのトムソンは「(カラムの)デザインを継承しながらも変化させていく」と明言。新たな方向性は間もなくデビューする新型XJで明らかになるだろう。

ジャガー・デザインの首脳陣。右からジュリアン・トムソン、インテリアのアリスター・ウェラン、エクステリアのアダム・ハットン。

フォト=ジャガー・ランドローバー/JAGUAR LAND ROVER ル・ボラン2019年12月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧