【スクープ】次期「日産エクストレイル」はクーペテイスト? そのデビューは2020年夏説が有力!

2019/11/12 11:00

搭載するパワーユニットは大幅に進化した「e-POWER」?

日産が三菱と連合して開発を進めている次期「エクストレイル」の情報をキャッチした。エクストレイルは、1997年に初公開された「トレイルランナー」が起源で初代は2000年にデビュー。2007年には日産のCプラットフォームを採用、ボディサイズを拡大した2代目へとスイッチし、3代目の現行型は2013年のフランクフルトショーでワールドプレミア、同年12月より日本市場に投入されている。第4世代となる次期型は、新型「三菱アウトランダー」とプラットフォームを共有した兄弟モデルとなりホイールベースを延長。外観は2018年のデトロイトショーで初公開されたコンセプトモデルの「Xmotion(クロスモーション)」からインスパイアされたものとなるようだ。

現行エクストレイル(ローグ)

今回は現在までに得た情報をもとに予想CGを制作してみたのだが、フロントは大型化されたグリル、薄くシャープなヘッドライトなど、クロスモーションを意識した造形に。また、メインライトと見紛うデイタイムランプを装着する可能性もあり、その場合のレイアウトは新型「ジューク」を彷彿させるものとなるだろう。サイドビューでは、フロントドアからリヤコンビランプにかかるシャープなキャラクターラインを採用。また、Cピラー上部の傾斜を強くしたクーペシルエットを採用することも考えられる。

現行エクストレイル(ローグ)

注目のパワートレインだが、内燃機関エンジンのほかに新世代となった「e-POWER」が採用される可能性が高い。現行型はパラレル式ハイブリッドを採用しているが、「ノート」や「セレナ」と同様にエンジンが発電専用となるシリーズ式ハイブリッドになるわけだ。ただし、そのエンジンは1.2Lではなく排気量がアップされ、システム自体も一層高効率なものへと進化する模様。その全容が明らかになるのは2020年の夏以降となるはずだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧