【スクープ】帰ってきた究極のメルセデスAMG、「GT Rブラックシリーズ」の最新プロトが“ニュル”に降臨!

2019/10/30 08:00

ワールドプレミアは2020年内でライバルは「ポルシェ911GT2RS」

メルセデスAMGの中でも際立った存在である「GT Rブラックシリーズ」の生産型と思われるプロトタイプが、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始した。その最新プロトタイプは、ボンネットフードに巨大なエアベントを装備。攻撃的な形状のフロントスプリッター、カナード(整流板)を兼ねるエアインテークなど、レーシーなフロントエンドが確認できる。

さらにエクステリアはフロントフェンダー後部にカナード、リヤエンドに大型の固定ウイング、バンパーにエアアウトレット、リヤディフューザー、クワッド形状のエキゾーストパイプなどなど、いかにもハードコアなモデルらしい装いに仕上げられている。

メルセデスAMGのGTシリーズは、現状でも「GT S」、「GT R」、「GT Rロードスター」、「GT C」、「GT Cロードスター」など多数のバリエーションが揃えられているが、2018年11月にはサーキットでのパフォーマンスを追求した「GT Rプロ」が設定された。そこに加わる「ブラックシリーズ」は「SLS AMG GT」にも設定されていた最強の限定モデルであり、この車名は2014年以来の復活となる。

パワーユニットは、「AMG GT63 S 4ドアクーペ」と共有するAMG伝統の4L V型8気筒ツインターボを採用。ブーストアップにより最高出力は700ps以上と噂されている。「ポルシェ911 GT2RS」や「マクラーレン720S」をライバルとするこの究極のメルセデスAMGは、2020年以内のワールドプレミアが予定されているという。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧