【比較試乗】「ホンダ NSX vs マツダ ロードスターRF vs ニッサン GT-R vs トヨタ GRスープラ」世界に挑戦する日本の絶対的エースを決す!

AUTHOR
2019/10/21 11:00

待ちに待った復活を遂げた日本が誇るスーパースポーツ、ホンダNSX。そして毎年のように進化を遂げているニッサンGT-R。さらに、今回は世界の名だたるオープンスポーツとして人気を博しているマツダ・ロードスターと、2017年にフルモデルチェンジを遂げたトヨタGRスープラを集めた。果たして日本を代表するスポーツカーに相応しいモデルは? 各ブランドの実力をチェックしてみよう。

日本を代表する4台は独自の存在感を放つ

今の日本はスポーツカー王国。そう称しても決してオーバーではないだろう。何しろ多くの自動車メーカーが、様々なカテゴリーや価格帯にまたがった魅力豊かなモデルを数多く取り揃えているのだ。世界を見渡しても、こんな国はそうはない。

マツダ ロードスターRF/トヨタ GRスープラ

そんな中から難儀しつつ選出したのはホンダNSX、ニッサンGT -R、トヨタGRスープラにマツダ・ロードスターRFの4台。これらを見ても、キャラクター含めて互いにまったく被っておらず、それぞれに独自の存在感を放っているのは明らかだ。
それだけに、ここからたったの1台に絞るのが、簡単ではないことは自明である。果たして、最後に浮かび上がるのはどのモデルになるのか。とにかく順に見ていこう。とりあえずは便宜上、価格順に並べていくことにする。
新世代のハイブリッドスポーツカーとして復活したホンダNSXは、何よりV型6気筒3.5Lツインターボエンジン+3モーターという独創のパワートレインが魅力だ。左右前輪を別々の電気モーターで駆動することによるトルクベクタリングは、デビュー当初こそ違和感を覚えさせるものでもあったが、調律し直された最新型では異次元のコーナリング感覚を気持ちよく堪能できるようになっている。特に、その効果がもっと強く出る「SPORT+」モードで走るワインディングロードは快感の一言である。
それだけじゃない。このシステムはパワーフィールも大きな魅力だ。V型6気筒3.5Lツインターボエンジンは過給ユニットとは思えないほど鋭く吹け上がるが、実はこの圧倒的なリニアリティにはアクセルオンでの過給ラグを瞬間レスポンスで打ち消す電気モーターが貢献している。これらの旨味を引き出す9速DCTの端切れの良い変速ぶりもお見事。ハイブリッドをスポーツカーに使うとこれだけのことができるのだという可能性を、まざまざと見せつけてくれる。

ニッサン GT-R/ホンダ NSX

初代と同様、その名の通りの新しいスポーツカー体験ができるNSX。2018年のマイナーチェンジで開発拠点が日本に移された最新型は、見事な進化を遂げたと改めて感心させられた。
ニッサンGT -Rも先般フェイスリフトを受けたばかりだ。スペックに大きな変更はないものの、乗ればその走りは明らかに洗練度を高めている。
今や最高出力570ps、最大トルク637Nmに達するエンジンは気密性を高めるアブレダブルシールを採用したターボチャージャーによりレスポンスを一層向上させている。いかにも精密な機械に触れているという実感をもたらす吹け上がり、そして圧倒的なパワーとトルクの前では、日本の法定速度が恨めしく思えてくる。
凄まじい剛性感を誇るボディに、しなやかな接地性を実現したサスペンションの組み合わせは、高い快適性のみならず優れたロードホールディングにも繋がっている。トランスアクスルレイアウトや電子制御式4WDとも相まって、最高のスタビリティ、そしてトラクションを発揮するから、やはりアクセルペダルをもっと踏み込みたいという誘惑に駆られることになるのだ。登場から12年にもなるのに、未だ感動をもたらすこのパフォーマンス。GT -Rはやはり日本の誇り、宝である。

フォト=宮越孝政/T.Miyakoshi ル・ボラン2019年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧