ブリヂストンが新たなタイヤ軽量化技術を開発

田畑修
AUTHOR
2019/10/10 18:00

ブリヂストンが従来の乗用車タイヤ比で約20%の軽量化を可能とする新技術「Enliten(エンライトン)」を開発。3次元形状の革新的サイプ、パターンブロック挙動最適化、接地形状最適化などにより運動性能やタイヤライフを損なうことなく軽量化を実現し、転がり抵抗も約30%低減。市販タイヤへの投入時期は未定ながら新たな方向性として導入されることになる。

ル・ボラン2019年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧