コレクターズアイテム必至! アバルトが創業70周年を記念した「695」を発表

AUTHOR
2019/10/09 13:00

専用の可変式リヤスポイラーを装着した世界1949台限定モデル「アバルト695 70th アニヴェルサリオ」

FCAは10月5〜6日に、ミラノでブランド史上最大のイベントとなった「アバルト・デイズ2019」を開催。ブランド創立70周年を多くのファンと祝うとともに、アバルト695のスペシャルエディション「アバルト695 70th アニヴェルサリオ」を発表した。

アバルトの創立した1949年にちなみ、1949台限定で発売されるこの特別な695は、創始者カルロ・アバルトの創意に敬意を表したモデル。彼は、エンジンパワーや最高速度、加速性能へのこだわりではなく、トータルでの走りのパフォーマンスを追求して開発に勤しんだ。彼がチューニング分野の先駆者として名を馳せたのは、まさにチューニング技術の研究を続けたからにほかならない。

「スポイラー・アド・アセット・バリアブル」と呼ぶ可変式リヤスポイラーは、この特別なモデルを大きく特徴付けている。このスポイラーは風洞実験によってテストが重ねられた末に完成したパーツで、0〜60度まで12のポジションで角度を変更できる。傾斜角を最大の60度にセットして車速200km/hで走行した場合、ダウンフォースを最大で42kg増加させることが可能だ。また、このスポイラーによって、サーキットトラックなどでのスポーツ走行時に、ドライバーによるステアリング補正を40%削減することができる。

エクステリアではそのほか、フェンダーやサイドスカート、ミラーキャップといったボディキットや「レコードモンツァ」アクティブエキゾーストシステム、ボンネットスコーピオンステッカー、チェッカーフラッグ柄のルーフステッカーといったアイテムが用いられている。ホイールは17インチの「スーパースポーツ」アロイで、その内側にはブレンボ製ブレーキシステムを標準装備する。

ボディカラーはこのモデル限定の新色「モンツァ1958グリーン」で、フェンダーアーチやサードスカートは、ライトグレーにペイントされた2トーンのボディとなる。

ヘッドレストにイタリアントリコロールをあしらったサベルト製の専用スポーツシートが目をひくインテリアでは、センターコンソールにシリアルナンバーを表示したプレートを装着する。

エンジンは180ps/250Nmを発揮する1.4Lターボで、6.7秒の0-100km/h加速と、225km/hの最高速をマークする。装備面ではLEDフォグランプのほか、7インチディスプレイを組み合わせ、パフォーマンス測定が可能なアプリ「アバルト・テレメトリー」を組み込んだインフォテイメントシステム「Uコネクト」が搭載されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧