ラストチャンス! 最後の「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が上陸

H.Tanaka
AUTHOR

最後に陸揚げされたのはブルーの「Rライン・マイスター」

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VGJ)が日本に正規輸入する、「ザ・ビートル」の最終ロットを搭載した船が9月25日(水)に、VGJ豊橋インポートセンターに隣接する明海埠頭第1号岸壁に接岸。同日、VGJの社員も見守る中で日本における最後のザ・ビートルとなるストーンウォシュドブルーメタリックのボディカラーに輝く「Rライン・マイスター」が陸揚げされた。

最後のザ・ビートルを乗せた船は、8月27日にメキシコのアカプルコを出港した自動車専用船「ダリアン・ハイウェイ号」で最終ロットとして合計63台のザ・ビートルを積載してきた。日本におけるザ・ビートルの輸入は2012年5月に開始され、今回の輸入分を含めて7年4ヵ月で累計44,681台が輸入された。なお、ザ・ビートルの生産はメキシコのプエブラ工場でのみ行なわれ、2019年7月11日に同工場での最後の1台がラインオフ。その生産はすでに終了している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧