スポーティにして安全! 「BMW Z4」のユーロNCAP結果は?

AUTHOR
2019/09/21 12:00

ユーロNCAPの衝突安全性試験で最高評価の5つ星を獲得

ユーロNCAPはこのほど、日本市場では3月に発売された新型「BMW Z4」のクラッシュテストを実施。総合評価で最高の5つ星を獲得したことを発表した。

ユーロNCAPの安全性試験で最高評価となる5つ星を獲得するには、「成人乗員保護性能」で80%以上、「子供乗員保護性能」で75%以上、「歩行者保護性能」で60%以上、「安全補助装置」で50%以上という4項目をすべてクリアしなければならない。

新型Z4の試験車両は日本には正規導入されていない「sDrive 30i」だったのだが、「成人乗員保護性能」で97%、「子供乗員保護性能」で87%、「歩行者保護性能」で91%、「安全補助装置」で76%という評価。各項目で基準を大幅に上回り、総合5つ星を獲得した。とくに成人乗員保護性能や歩行者保護性能の高さが際立っている。

ちなみに、2015年に実施された先代型Z4の同試験における結果は、順に69%、61%、91%、46%で、総合3つ星という評価だった。歩行者保護性能は先代型も高水準だったが、それ以外の性能は新型で飛躍的に高まり、新型Z4が高水準の衝突安全性を備えていることがわかる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧