【海外試乗】「MAZDA CX-30」激戦のコンパクトSUV市場に満を持して投入!

AUTHOR
2019/08/05 11:10

ベストセラーの予感

ポスト・コンパクトハッチバックとして、世界の街中で一気に増殖したコンパクトクロスオーバーあるいはコンパクトSUV。マツダがCX-3とCX-5の間を埋めるモデルとして、そんなホットなカテゴリーに投入するのがCX-30。MAZDA3からの流れを汲む最新の“魂動デザイン”を全身で表現するスタイリング、SKYACTIVテクノロジーで鍛え上げられた走り。見どころは多岐に渡る力作だ。

クーペの美しさとSUVの力強さという相反する要素を融合し、どの角度からでも豊かな表情を見せる。

隅々にまで神経が行き渡るこの人馬一体感ときたら!

車名の数字を2桁にして登場してきたCX-30。ワンクラス下のCX-3はデミオをベースとしたBセグメントのクロスオーバーだが、CX-30はデビューしたばかりのMAZDA3と同じく新世代のスカイアクティブ・ヴィークル・アーキテクチャーを採用するCセグメントのクロスオーバーだ。
ボディサイズは全長4395×全幅1795×全高1540mmで、日本の都市生活者にとっても絶妙なサイズ設定。MAZDA3よりも全長およびホイールベースを短くして取り回しを良くし、全幅は扱いやすさの基準である1800mmを下回り、全高は立体駐車場に対応した1550mm以下となっている。それでもCX-3に比べると後席の居住性は確実にゆとりを増しており、大人4人が快適に過ごせるスペースを確保している。

このクラスとしてはオーバークオリティともいえる室内の設え。低く水平なダッシュボードやドライバー中心のレイアウトもMAZDA3譲りだ。

スカイアクティブ・ヴィークル・アーキテクチャーは、これまでとは次元の違うプレミアムな乗り味を持つのが特徴のひとつだが、それはCX-30でも健在だ。音・振動の原因を1カ所に集中させ、そこにある減衰節と呼ばれるパーツで解消してしまう。つまり音・振動のエネルギーを減衰して熱変換し大気放出させるわけだが、それが状況によってはMAZDA3以上に効いていて、静粛性は高額なハイブランドモデルのように高い。音・振動そのものを元から消して絶対音量を下げるのに加え、音の聞こえ方にも気が配られているようで、風切り音、ロードノイズ、エンジン音のバランスに優れ、あらゆる場面で耳に優しいのが素晴らしい。とくにCX-30では地上高が高いこともあってロードノイズがよく抑えられており、たとえば良路から荒れた路面に変わったときのノイズの変化幅が少なく、より静粛性が高く感じられる。

前席のカップルディスタンスはCX-5と同等。

フォト:マツダ/MAZDA ル・ボラン2019年9月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧