3ペダルで楽しむホットハッチ、フォルクスワーゲン・ゴルフ2&ルノー・ルーテシアR.S【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

2019/07/22 12:05

毎月編集部員がこれは! と思った趣味グルマを紹介する“100万円でドロ沼に陥る!?”。今回は、3ペダル・マニュアルで楽しみたいドイツとフランスを代表するホットハッチをピックアップ。ノーマルとチューンド、あなたの好みはどちら?

走りのパフォーマンスを磨いたゴルフ2をお探しの方はコチラ

本誌458号82~91ページで取り上げている80sホットハッチに触発されて、今回の100ドロコーナーではフォルクスワーゲン・ゴルフ2とルノー・ルーテシアR.S.という魅力的なハッチバックモデルの2台を紹介したい。1台ずつ紹介してもパンチ力に欠けるため今回は併せ技! という訳ではなく、チューニングとオリジナルコンディションを用意した。なんと2台同時購入でもアンダー100万円だ。

ビルシュタイン製の車高調キットが装着されているが、ガチガチに締め上げられているわけではないため街乗りでも苦にならない。もちろん、ワインディングに連れ出せば3ペダル・ゴルフの魅力を存分に堪能できる。

まずは、ゴルフ2のCiをベースとして開催されていたワンメイクレース、ポカールの参戦車両を髣髴とさせる1台から。フェンダーとタイヤのクリアランスから想像できる通り各部に手が加えられており、エンジンはアウディの2リッターブロックにゴルフ1800のヘッドを組み合わせ、さらにシュリック製のハイカムを組む。

シュリックのハイカムや強化ブッシュ、その他にもタワーバーやスタビライザーなど走行性能を高めるパーツがてんこ盛り。ステアリング中央に装着された“COX”のホーンボタンが、ポカールレースを髣髴とさせる。

その他にもビルシュタイン製の車高調整キットや強化ブッシュ、タワーバー、スタビライザーを備え走る楽しさを追求した仕上がりとなっている。とはいえ、街中で苦痛を感じるほどガチガチに固められているわけではなく、突き上げを気にしてマンホールを全て避けたくなるような乗り味ではない。走りの面以外では、ボンラスのマークレスグリルや、ラビット・エンブレムなども目を引く1台だ。

小柄なドライバーの場合、シフトレバーを操作した際に少々遠くに感じる点は設計年代の古さを感じさせるところ。運転席はバケットタイプへ換装されている。

1991 VOLKSWAGEN GOLF II

車両本体価格●480,000円 

チューニング度 ★★★★

軽快度 ★★★

ドロ沼度 ★★

ボンラスのマークレスグリルや、北米市場のモデル名ラビットに因んだエンブレムなど、好きモノのオーナーが手に入れて仕上げたであろうことが良くわかる個体。すぐに走って楽しみたい方へオススメだ。自分で仕上げたい方は、次頁で紹介するルーテシアをオススメたい。

Text:中本健二/Kenji NAKAMOTO Photo:山本佳吾/Keigo YAMAMOTO カー・マガジン458号(2016年8月号)より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧