【スクープ】これが最終形態? 次期「日産ジューク」の大胆なキャラクターラインがついに露出!

2019/07/18 11:10

正式なワールドプレミアは今秋、発売は2020年初頭にスタート?

日産が今秋以降の発表を予定しているというコンパクトクロスオーバーSUV、新型「ジューク」の最新プロトタイプがキャッチされた。

この新型ジュークのアーキテクチャーには、ルノーの最新モデルと共有する「CMF-B」プラットフォームを採用。ホイールベースは現行型より延長され、居住空間が向上するとみられている。エクステリアでは、フロントコンビランプが薄くシャープなデザインに変更。その下に配置される丸型ヘッドライトは、現行モデルよりコンパクトに刷新される可能性がある。また、サイドミラーがドアへと移動する一方、Cピラーと一体化したリヤ用のドアハンドルは現行型から継承されているようだ。

だが、この最新プロトタイプでもっとも注目したいのがフロントフェンダーからテールゲートまで伸びているボディサイドのキャラクターラインだ。大胆にキックアップされていることに加え、リヤドアからテールランプに至るラインがシャープな造形であることが確認できる。テスト車は全体のカモフラージュが施された状態だったが、そのスタイリングが現行モデルのテイストを受け継ぎつつ着実にアップデートされていることは間違いない。

次期ジュークのパワーユニットは、1L直列3気筒ガソリンターボと1.5L dCiディーゼルのマイルドハイブリッドがラインアップされる模様で上級グレードには4WDをオプション設定。また、1.6L直列4気筒ガソリン+電気モーターのプラグインハイブリッド仕様の設定も濃厚。これは総電力量9.8kWhのバッテリーと組み合わせることで30kmのEV走行が可能だという。

なお、現行モデルのテイストを踏襲するエクステリアとは異なりキャビン内は完全新設計のダッシュボードを採用。最新のインフォテイメントシステムが搭載されるほか、日産自慢の運転支援システムである「プロパイロット」の最新バージョンが投入される可能性が高いという。その全容が明らかになるのは今秋とみられ、発売は2020年初頭からという説が有力だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧