ムダを削ぎ落とした2CVは多くの人に愛された【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

100ドロの醍醐味と言えば、一期一会を大切に本能の赴くまま、乗りたいクルマを購入する! に限りますが、今回は永遠の定番モデル、シトロエン2CV。一度乗ったらもう病みつき!?

シトロエン2CVとは?

シトロエン2CVは、1948年に誕生しフランス本国では1987年まで、ポルトガルでは1990年まで生産されている。40年以上にわたって生産され、シトロエンの歴史で最も販売されたモデルだ。4ドアのスタンダードモデルの他、後部を荷室としたフルゴネットや、リアにも2気筒エンジンを搭載した4WDのサハラ、ビーチカーのメアリなど様々なバリエーションが誕生している。

一度は乗りたい! を実現するチャンス

雨に歌いたくなる解放感:Cピラーにウインドーが設置された6ライトで、フロント、リアのウインドーも大きいため、車内は実に明るい。チャールストンでは取材車の黄×黒のほか、マールーン×黒などが用意されていた。

飛び出したヘッドライトや、極端に細いタイヤなどは現在の目で見ると明らかに異質であり、加えて深くロールするアシや、独特のシフト操作など、2CVならではのポイントを満載している。こんな個性的なクルマを好きモノが見逃すはずはなく、生産終了から20年以上経過した現在でも多くの愛好家を持つ。これだけを書くと、一部の熱狂的なマニアに支持されているように思えるが、2CVは“悪路でも籠に積んだ卵が割れない快適な乗り心地を実現し、女性でも楽に運転できるような簡潔な構造、操作性でなければならない”といった開発コンセプト持った大衆車であり、旧車趣味を始めるには最高の相棒なのだ。

前後ともに高い居住性:シートのデザインは、一見ホールド性が低そうだが、クッションが効いており体がシートに埋まるようになるためフィット感は抜群だ。後席もシート長、足元スペースともに十分なスペースが確保される。

走行性能については、602ccの2気筒エンジンを搭載し最高出力は29psというスペックから想像できる通り、決して速くない。しかしそんな先入観を持ってドライブしてみると、意外な程速い、と少し変な感覚に襲われる。実際はというと、高速道路の走行も難なくこなしてくれ、100km/h巡航も問題ない。そこまでスピードが乗るまでには多少時間がかかる、というのはチャームポイントとして受け入れたい。

機能美とはこういうこと:1本スポークのステアリング前方に備わるインパネで、スピード、燃料、走行距離、アンメーターがシンプルに表示される。シフト操作は独特だが、一度慣れてしまえば扱いやすい。ドアの開閉は、ウインドー下の開口部に指を入れてレバーで操作する。傾斜しているため高さがあるものは積みづらいが、奥行きがあるため収納スペースは意外と広い。

Text:中本健二/Kenji NAKAMOTO Photo:山本佳吾/Keigo YAMAMOTO カー・マガジン447号(2015年9月号)より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧