ルノー21ターボは、M3や190E 2.3-16と覇を競ったルノーのスポーツセダン【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

カー・マガジン編集部員がこれは! と思った趣味グルマを紹介する『100万円でドロ沼に陥る!? 』。今回はルノー21ターボ。良好な個体は、いつの間にやら少なくなっているようで。

ファミリーも満足の刺激的なターボセダン

21のデザインは、ジウジアーロが率いるイタルデザインが手がけており、前モデルの18が曲線を基調としていたのとは対照的に直線と面で構成されている。トランクリッド上に装着されたリアスポイラーが、スポーツ・セダンであることを主張する。

今回紹介するルノー21ターボを見つけたショップは、東京都立川市にある『アルファステーション』。その名前から想像するに、下取りでたまたま入ったクルマ? と思われるかもしれない。しかし事実は異なり、同店ではイタリア車だけでなくフランス車も積極的に仕入れているそうで、シトロエンCXやアルピーヌA310、プジョー505といったモデルも多数ストックしている。ショップの方に話をきいたところ、オリジナルで良好なコンディションを持っている個体は積極的に仕入れているのだとか。

縦置きされた4気筒SOHCエンジンの排気量は1995cc。そこにギャレット製ターボチャージャーを架装し、さらにF1テクノロジーを受け継いだ2基の空冷式インタークーラーを装着することで最高出力175ps、最大トルクは27.5kg-mを誇った。最高速は227km/hをマークする。

たしかに取材した車両は、ホイールこそスピードライン製に変更されているが、それ以外はオリジナルを保っており内外装ともに美しい。生産終了となった1993年から早くも20年以上が経過しているため、クリアが剥がれてボディはカサカサ、なんて個体をよく見るが取材車にはそんな言葉はあてはまらない。

外観同様、インストルメントパネルのデザインも直線を基調としてシンプルにまとめられている。スピードメーターは260km/hスケールとなり、レブカウンターは6000rpmからレッドゾーンとなる。ダッシュにひび割れなどはなく総じて良好なコンディションが保たれている。

Text:中本健二/Kenji NAKAMOTO Photo:内藤敬仁/Takahito NAITO カー・マガジン444号(2015年6月号)より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧