ルノー・メガーヌGT vs ホンダ・シビック・ハッチバック 欧州育ちの日本を代表するハッチバックがフランスの強敵に挑む【清水和夫のDST】#93-1/4

ともに切磋琢磨し続けるライバル同士の真っ向勝負

メガーヌとシビックはFF車世界最速の座をかけてニュルブルクリンクで壮絶なタイム争いを繰り広げている。9月現在では新型シビックのタイプRが7分43秒を記録、メガーヌRSを退けている。

世界共通のプラットフォームで開発された新型で、ようやくシビック・タイプRの存在感を示すことができたわけだが、先代までのシビックは、いち早く日本を抜け出し、グローバルカーとして成長してきたため、北米と中国、欧州と日本で異なるプラットフォームを採用してきた。日本はイギリス生産のタイプRのみを輸入し、フィット・ベースのプラットフォームにホットな2エンジンを詰め込んでいた。

新型シビックからは、日本で生産するセダンとハイブリット、英国から輸入するスタイルでハッチバックとタイプRを設定。今回テストしたのは、タイプRの弟分であるハッチバックである。
リアサスをマルチリンクで武装し、高速走行を得意とするハッチバックは、一般道でもとてもしなやかな乗り心地が印象的だ。テストコースを150km/h程度で走ると、徐々にドッシリ感が増してきて、ハイスピード領域でも乗りやすく、まさしくヨーロッパ生まれのハッチバックに仕立てられている。

ACCをセットすると加速時にCVT特有のラバーバンドフィールが顔をのぞかせるものの、実用性は高く、見た目はスポーティだが、重厚感のあるドライブフィールも好感が持てる。課題はCVTのダイレクト感アップに加え、もう少しハンドリング特性にも好感触が欲しいところだ。

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2018年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧