【スクープ】あの「928」の再来? ポルシェが「パナメーラ」に2ドアクーペを設定するとの情報をキャッチ!

2019/07/12 18:00

仮想ライバルは「BMW 8シリーズ・クーペ」?

ポルシェが、スポーツラグジュアリー4ドアの「パナメーラ」に驚くべき派生モデルを計画していることが判明した。それは、「928」以来となるフロントエンジンの「2ドアクーペ」バージョンだ。

パナメーラといえば、ラグジュアリーサルーンの快適性と高いスポーツ性能も両立する存在として2009年に初代が登場。2016年にデビューした現行の2代目には、派生モデルのシューティングブレークである「スポーツツーリスモ」が設定。上級グレードとなる「ターボ」は、ニュルブルクリンクにおいて「911 GT3」を凌ぐラップタイムを記録したことでも注目を集めた。

現行パナメーラ

今回入手に成功した予想CGは、最新の「911」からインスパイアされたフロントバンパーとエアインテークを装備。リヤは薄型テールライトやクワッドエキゾーストパイプを装着し、パナメーラでありつつもどこか往年の928を彷彿とさせるシルエットに仕上げられている。なお、現状で得ている情報だとシートレイアウトはパナメーラと異なる2+2となるようだ。

搭載するパワーユニットは、パナメーラと同じく2.9L V型6気筒ターボ、4L V型8気筒ツインターボをラインアップ。トップモデルには「ターボS E-ハイブリッド」から流用した4L V型8気筒+電気モーター搭載。その最高出力は680psに達するという。

この「BMW8シリーズ・クーペ」が仮想敵だというポルシェ久々のフロントエンジンクーペ、そのデビューは最速で2020年秋になるようだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧