ついにBMWがピックアップトラック市場に参入する……のか?

AUTHOR
2019/07/09 09:00

職業訓練生が製作したコンセプトモデル

BMWは7月5〜7日にドイツ・ガルミッシュ・パルテンキルヘンで開催されたイベント「BMWモトラット・デイズ」にて、新型「BMW X7」をベースにしたピックアップトラックのコンセプト「X7ピックアップ」を披露したことを発表した。このイベントはBMWの2輪車をフィーチャーしたイベントだが、今回はBMWモトラッドのオフロードバイク「F850 GS」を荷台に積載するピックアップのコンセプトモデルが特別に披露されたのである。

X7ピックアップを製作したのはBMWグループの職業訓練生たち。同社のコンセプトビークル開発部門などの協力を得て完成させたもので、ベースモデルは340psの3L直列6気筒ターボエンジンを積む「X7 xDrive 40i」。2列5人乗りキャビンに荷台を組み合わせた高級ピックアップという革新的なコンセプトを、彼らの発想で形にした。

荷台は1400〜2000mmまでの長さの荷物積載が可能なスペースが確保されており、リヤゲートを開けると写真のようにBMW 850 GSの積載が可能だ。X7ピックアップ専用に開発されたルーフや荷台部分にはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を使用。その効果で、ボディの全長が市販車のX7より100mm長いにもかかわらず、X7より200kg軽い車重を実現したという。

なお、このX7ピックアップはこのイベントのためだけに特別に製作されたコンセプトモデルで、残念ながら今のところ市販化への計画はないとのこと。現在、BMWグループには世界9カ国で約9000名が職業訓練を受けているが、X7ピックアップのようなユニークなモデルを企画する才能を持った訓練生がいるなら、将来、驚くようなモデルを生み出してくれそうだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧