BMW Mの祭典にファン約5800人が聖地・富士スピードウェイに集結

世界に先駆けてM8のプレビューも!

ビー・エム・ダブリューはさる6月23日(日)、静岡県の富士スピードウェイを会場にBMW Mとモータースポーツの祭典、「BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2019」を開催。低気圧による悪天候が危惧されたが、曇天となった当日早朝には7時の開場を待つファンが列をなすほど。広大な富士スピードウェイ会場の駐車場はゲートオープン早々にBMWで埋め尽くされた。

レーシングコースではM1や3.0CSLといったレジェンド級をはじめ、総勢55台以上のBMW Mモデルによる「M CORSOパレードラン」がスタート。そのままメインストレートで「BMW」のクルマ文字を作ると、荒聖治選手がドライブするM6GT3レースマシンからはBMWジャパン代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏が、もう1台のM4 GT4からはBMW M社のペーター・クイントゥス副社長が自らステアリングを握って登場。2017年に続く開催実現への喜びと、会場に集まったBMWファンへの感謝の言葉でフェスティバルの開幕が宣言された。

今回の注目トピックは、BMW Mの最新フラッグシップモデルとなる新型M8クーペを世界に先駆けて公開。同時に話題のミドルクラスSAV/SACである、X3 MとX4 Mを日本初公開した。午前中のメディア向けプレビューに登場した、前述のペーター・クイントゥス氏と同M社セールス&マーケティング・マネージャーのローター・シュペッ氏は、高性能Mモデルやアクセサリー、インディビジュアル、ドライビングエクスペリエンスといった、M社のビジネス面での好調ぶりを発表するとともに、約7倍の伸びを記録した日本を、情熱あふれるユーザーが多くいる素晴らしいマーケットと感謝を述べた。

フォト:小林俊樹 T.Kobayashi

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧