キャンプやBBQをしながら楽しくレース観戦できる!「富士 SUPER TEC 24時間レース」の魅力とは?

相澤隆之
AUTHOR
2019/06/28 18:00

観戦エリアなら基本的にどこでキャンプをしてもOK

6月1日(土)~2日(日)、富士スピードウェイで「ピレリスーパー耐久シリーズ2019 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース」が開催されました。こちらは現在日本で開催されているレースでは唯一24時間で行われる耐久レースで、昨年の富士スピードウエイで初開催。以前は北海道の十勝スピードウェイで24時間レースが行われていたこともありましたが2008年に終了しています。

今回は実際にキャンプをしながらレースの取材をするという、編集部でも初めての体験。期間中富士スピードウェイで行われていた様々な催しも含めてリポートしたいと思います。

土曜日、我々がサーキットに到着したのは朝8時半。レースのスタートは15時ですが、すでに多くの芝生エリアにはテントが立っていました。聞けば前日予選日の昼には、土曜日7時のゲートオープンを待つクルマですでに西ゲートは長蛇の列が並んでいたとのこと。金曜日は安全管理上の都合でテント泊は禁止されていて、すべて撤去しなくてはいけないのでゲート前に並んでいるんですね。それにしてもずいぶん早くから……と驚きましたが、SUPER GTの時はもっと多いそうです!

人気のエリアはクルマからも観戦できるダンロップコーナーアウト側ですが、メディア用の駐車場はP20でヘアピンに比較的近いことから、我々はヘアピンのアウト側にテントを張ることにしました。写真をご覧になればわかる通り、皆さん様々な場所にテントを立てて観戦しています。基本的にどこに立ててもいいようで、BBQも直火でなければ特に制限はないとのことでした。

ヘアピンのエリアもテントがかなり密集していたことで、タープを張るのに結構てこずってしまい作業が完了したときにはもうお昼。そこからランチを作り始めて食べ終わったときにはそろそろスタート時刻になっていました。

市販車ベースのレーシングカーで争われるスーパー耐久は、エンジン排気量やマシンのタイプ別にクラスが8つに分かれていて、出場台数も50台近くとかなり多め。ゆえにスタート時は各クラスごとに混戦が繰り広げられます。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧