【スクープ】「アルピーヌA110」にさらなるバージョンが追加? ローダウンしたテスト車がニュルで高速テスト

2019/06/27 11:20

2018年に発表された「GT4レーサー」の市販バージョンか?

「アルピーヌA110」といえば、先日高性能バージョンの「A110S」が発表されたばかりだが、このほどニュルブルクリンクで高速テストを行なう新たなテスト車がキャッチされた。情報によれば、この車両は2018年のジュネーブ・ショーで発表された「GT4レーサー」のロードバージョンだという。

レースカーにインスパイアされた、オレンジのペイントが施されたテスト車両はボディを1.6インチ(40mm)ローダウン。その足回りは、調整可能なオーリンズ製ショックアブソーバーやマグネシウム製となるブレンボのブレーキシステムを装着。軽量化が図られているという。

パワーユニットは、先日「シビック・タイプR」のニュルFF最速記録を破った「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」から流用する1.8L直列4気筒ターボを搭載。アウトプットは最高出力300ps、最大トルク350Nmと伝えられているが、A110Sですでに300㎰近いことを考えるとさらなるスペックアップも期待できる。なお、組み合わせるトランスミッションは6速シーケンシャルだ。

ワールドプレミアの場は7月4日に開催されるグッドウッド・フェスティバル、との情報もあるがA110Sの発表から間もないことを考慮すると先延ばしになる可能性も否定できない。ともあれ、正式にデビューすれば新型「ポルシェ・ケイマンGT4」や遠からず登場する「BMW M2CS」あたりの良いライバルとなりそうだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧