ポルシェが「718ケイマン/ボクスター」に「GT4」と「スパイダー」を用意

AUTHOR
2019/06/19 09:00

420ps/420Nmを発揮する新開発の4Lフラット6を搭載

6月18日、ポルシェは「718ケイマン/ボクスター」シリーズにトップパフォーマンスモデルとなる「718ケイマンGT4」と「718スパイダー」を設定したと発表した。ドイツ市場では発表と同時に発売され、価格は718ケイマンGT4が9万6206ユーロ(約1170万円)、718スパイダーが9万3350ユーロ(約1136万円)となっている。

パワートレインの基本は両車共通で、420ps/420Nmを発揮する新開発の4L水平対抗6気筒自然吸気エンジンと6速MTを搭載。車両重量はいずれも1420kgで、0-100km/h加速タイムは両車ともに4.4秒、最高速度は718ケイマンGT4が304km/h、718スパイダーが301km/hを実現している。

サスペンションは30mmローダウンされ、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)やPSM(ポルシェ・スタビリティ・マネジメント)を標準装備。ハンドリング特性はシャープな味付けとなっている。オプション設定となるが、機械式リヤディファレンシャルロックを備えたPTV(ポルシェ・トルク・ベクタリング)が用意されている。さらに718ケイマンGT4ではロールケージや6点式シートベルト、消化器を含む「クラブスポーツ・パッケージ」がオプションで選択可能だ。

718ケイマンGT4の外観は、固定式の大型リヤウイングが大きな特徴。このリヤウイングによって従来型のケイマンGT4よりダウンフォース量は20%アップしている。フロントセクションでは、大型のスポイラーリップやエアカーテンが装着され、高水準のエアロダイナミクス性能を引き出している。

718スパイダーは軽量ソフトトップが採用され、かつての550スパイダーや718RS 60スパイダーからそのスタイルが受け継がれている。ちなみに、折り畳んだソフトトップは従来のボクスター・スパイダー同様簡単な作業でトランクリッド下に収納できる。外観では120km/hで自動的にせり上がるリヤスポイラーが特徴だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧