タフなだけではなく”安心”もプラス、「トヨタ・ハイラックス」が一部改良

H.Tanaka
AUTHOR
2019/06/05 13:00

リヤデフロックの全車標準化で走破性も向上

トヨタは「ハイラックス」に一部改良を施し、6月24日より発売を開始する。消費税込みの車両本体価格は、「Z」グレードが3,756,240円で「X」グレードは3,321,000円。そして特別仕様車の「Z“ブラック・ラリー・エディション”」が3,961,440円となっている。

今回の一部改良では、まずZグレードの安全装備を充実させている。プリクラッシュセーフティの検知機能を向上させ、新たに夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応。加えてレーンディパーチャーアラートには、警報だけでなく逸脱抑制も行なうヨーアシスト機能を搭載した。

さらに、適切な車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)、道路標識をディスプレイに表示し見逃し防止をサポートするロードサインアシスト、前方のクルマの発進を知らせる先行車発進告知機能を採用している。

また、今回から悪路走破性の向上に向けリヤデフロックの設定を拡大、全車で標準化している。

ハイラックス 車両情報
https://toyota.jp/hilux/
ハイラックス 特別仕様車 Z“Black Rally Edition”車両情報
https://toyota.jp/hilux/grade/special/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧