フェラーリがプラグイン・ハイブリッドの新モデル「SF90」を発表

AUTHOR
2019/06/04 18:00

V8ターボ+3モーターで1000psを発揮。0-100km/h加速は2.5秒を実現

5月29日、フェラーリは初の量産PHEV(プラグイン・ハイブリッド電気駆動車)となる新型車「SF90ストラダーレ」を発表した。車名はスクーデリア・フェラーリの創立90周年に由来する。

ボディサイズは全長4710×全幅1972×全高1186mmで、ホイールベースは2650mm。プラグインハイブリッドのパワーユニットは、780ps/800Nmを発揮する3990ccのV型8気筒ターボエンジンに、合計3基(フロントに1基、リヤに2基)で220psを発揮するーターを組み合わせ、システム出力1000psを引き出す。リチウムイオンバッテリーの容量は7.9kWhだ。

このパワーユニットが放つアウトプットは、8速F1デュアルクラッチトランスミッションを介してすべてのタイヤに伝達される。その加速性能は、乾燥重量で1570kgのボディを停止状態から100km/hまでをわずか2.5秒、200km/hまでを6.7秒でこなす実力。最高速度は340km/hをマークする。ちなみにフェラーリのテストサーキットであるフィオラノのラップタイムは1分19秒。このタイムは488ピスタの1分21秒5を上回り、ラ・フェラーリの1分19秒7も凌ぐ。その一方、フロントのモーターだけで駆動するゼロエミッション走行は25kmの航続距離と、135km/hの最高速度を実現。

ビークルダイナミクスの面では、3モーターを組み合わせるハイブリッドパワートレインのメリットが生かされている。エンジンとフロントのモーター、そしてリヤアクスルの2モーターにより、4輪を最適に制御する「eSSC(エレクトリック・サイドスリップ・コントロール)」を搭載。「eTC(エレクトリック・トラクションコントロール)」などとの協調制御により高水準のドライビングパフォーマンスが引き出せる。

走行モードはフロントのモーターのみで駆動する「eDrive」、標準的なドライビングモードの「Hybrid」、エンジンが常に稼働し、効率よりもバッテリーへの充電を優先する「Performance」、システムのすべてのポテンシャルをフルに引き出す「Qualify」の4モードが設定された。

スタイリングはフロント、センター、リヤのボリュームの割合が、これまでのフェラーリ製スーパースポーツカーから完全に見直され、過去20年にわたって同社が維持してきたミッド・リヤエンジンのプロダクション・ベルリネッタのフォルムを革命的に進化させたもの。「V8トリブート」に代表されるミッド・リヤエンジン・クーペと、ハイパーカーである「ラ・フェラーリ」の中間に位置付けられ、先進的なコンテンツが豊富な究極の技術を誇るクルマの新しい基準になる、と同社では紹介している。ちなみに前後重量配分は45対55とのこと。

デザインは、ブラビオ・マンゾーニ率いるフェラーリのスタイリングセンターが担当。よりコンパクトなオーバーハングと、キャブフォワードのスタイルによって、エンジンがミッドシップマウントされていることを強調。キャビンは航空機のコクピットがイメージされコンパクトにまとめられた。内側をブレーキのエアインテークと統合したC字型のヘッドライトは、独創的で未来的なイメージを主張する。なお、ヘッドライトはLEDを用いたマトリックス仕様でアクティブビームコントロール機構が搭載されている。

タイヤサイズはフロントが255/35ZR20、リヤが315/30ZR20。ブレーキサイズはフロントが398×223×38mm、リヤが360×233×32mmで、100km/hからの完全停止するまでの距離はわずか29.5mだ。

リヤビューでは、搭載位置が高められたエキゾーストパイプが目をひく。テールライトは伝統の丸型から一段と進化。横に長い輪がテールライトに水平イメージをもたらし、車両のテールの高さを視覚的に低く見せている。

インテリアは、未来的なアプローチによりインターフェイスを重視。航空機のようなラップアラウンド・コクピットを創出。中央のインストルメント・クラスターは16インチのデジタルHD画面で、ドライバーに向けて湾曲させている。HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)は、ステアリングホイールに各種操作系を集約させドライバーが運転に集中できるという、F1マシンで採用した思想が取り入れられている。

なお、この「SF90」には標準仕様車のほかに、よりスポーツ指向の「Asetto Fiorano(アセット・フィオラノ)」仕様を設定。こちらの仕様にはマルチマチック・ショックアブソーバーやカーボンファイバー製ドアパネル&アンダーボディ、チタン製スプリング&エキゾーストラインなど、高性能素材を採用した超軽量コンポーネントが含まれており、30kgの軽量化が図られている。さらに車速250km/hで390kgのダウンフォースを生むカーボンファイバー製リヤスポイラーや、サーキットトラックでのパフォーマンス向上に向けて、専用開発のミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2タイヤが装着される。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧