トヨタが後付け「踏み間違い加速抑制システム」の対象車を拡大

H.Tanaka
AUTHOR
2019/06/03 15:00

対象車は2019年内で12車種に

トヨタは、2018年12月より既販の5車種を対象とした後付けの踏み間違い加速抑制システムを、2019年内に順次12車種まで拡大し販売を開始する。この「踏み間違い加速抑制システム」は、販売店装着の純正用品として、現在使用されているクルマに取り付けることが可能だ。

対象車種は、6月3日に「ポルテ」、「スペイド」、「ウィッシュ」の3車種に設定を拡大。10月には「カローラアクシオ」、「カローラフィールダー」、「パッソ」、12月には「ヴィッツ」にも設定を拡大する予定。なお、6月3日に発売されるポルテ、スペイド、ウィッシュ用の踏み間違い加速抑制システム(本体、付属部品など含む) のメーカー希望小売価格は55,080円(消費税込み。取り付け費などの諸費用は別途必要)。

トヨタは、「交通事故死傷者ゼロ」に向け新型車には歩行者事故や追突事故などの被害軽減に効果が見込める「トヨタ・セーフティセンス」と、駐車場などの低速時での衝突被害軽減に効果が見込める、「インテリジェントクリアランスソナー(ICS : パーキングサポートブレーキ<静止物>)」などを設定展開。一方、ユーザーが現在保有しているクルマには後付けの踏み間違い加速抑制システムの展開を順次進めている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧