ウェットでも揺るがない旋回性能を発揮するメルセデス・ベンツS560に対し、BMW M760Liは!?【清水和夫のDST】#88-3/4

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)

Number 88 SEASON.9:快適性と安全性を究めた最上の“S”、ドライバーズカーとして躍動する“7”

メルセデス・ベンツ S560 4MATIC LONG vs BMW M760Li xDrive/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト

●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

メルセデス・ベンツ S560 4マチック ロング VS BMW M760Li Xドライブ (ウェット旋回ブレーキ)

タイヤコンデション

MERCEDES-BENZ S560 4MATIC LONG

乗り心地を重視し、18インチ/50扁平のコンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5を採用。タイヤ交換時、ユーザー的には経済的にありがたいし、快適性にも大きく貢献している。取材車両は8分山の状態。

BMW M760Li xDrive

スポーティなブリヂストン・ポテンザS001の20インチを履く。610ps/800Nmのパワーを受け止めるため、リアにはワイドトレッドの20扁平をセットする。6分山だったため、ウェットではやや不利であった。

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2018年3月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧