【コラム】さよならパジェロ。でも海外ではまだまだ活躍しています。

2019/05/15 08:00

かつてはデートに大活躍!?

パジェロと言えば、プレリュードやシルビアのような2ドアクーペに代わるデートカーとして、トヨタのハイラックス・サーフと共にキャンプにスキーに大活躍し、一時代を築いたクルマとして記憶に残っています。

若者だけでなく、アウトドアアクティビティが趣味の中年層にも支持されていて、”モテるおじさん”も乗っていました。

会社の寮でも、先輩がパジェロに買い換えると、ここぞとばかりに山中湖にテニス、車山にスキー、相模湖にピクニックにと先輩のクルマを利用して「パジェロで行こう」と女の子を誘うなんてセコいことを計画したこともあります。

国内向けは37年の歴史に幕を下ろすことになったというニュースが飛び込んできたパジェロですが、やはり日本では本領発揮できる環境がそんなになかったことも大きな要因ではないかと思います。

そんなパジェロですが、海外では本格的に活躍できる場があるので、まだまだ生き延びるでしょう。

 

釣り好きには欠かせない機能があるというパジェロ

3列目を取り外しておいて、大切な物は3列目を格納するスペースにしまって岩場へ向かう。

今回はオーストラリアで活躍するパジェロのお話です。

香港在住でオーストラリア・メルボルンにも家があり、釣り好きでしょっちゅう海辺にいるという優雅な暮らしをしている友人がいます。2018年11月に、その彼に誘われてウニ、アワビ、グラッパなど各種魚釣り三昧の一週間を過ごす機会がありました。

その彼は、2代目に長く乗り、3代目に買い換えたけど2代目も娘婿に譲り身近に残すほどのパジェロ好きです。買い換えるにあたって一応他のSUVも検討したのですが、どれも決め手に欠けたため結局3代目を買うに至ったのだそうです。

ここに置いて…。

その一番の理由は、取り外せる3列目のシートと、3列目を格納するためのスペースに貴重品やこのポイントでは使わないものを隠せること。そこにしまい、ダッシュボードも開放して車内の見えるところには物を一切置かないようにしている。駐車場からかなり離れた岩場で長ければ一日中釣りを楽しむため、いかに治安がいいオーストラリアだとしても盗人がいないわけではなく、そうしておけば安心できるのだそうです。

クルマから遠く離れた岩場で一日過ごす。

取材・写真・文:大田中秀一

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧